新刊が出ました!!!!

書籍:船本(ふねぼん)
新刊が出ました!!!!

2012年11月29日 21:30書籍:船本(ふねぼん)

ONSA サイト・画像

ONSA

こんばんは。

……さて。


今日2本目のブログ記事配信です。

とびきり嬉しいニュースを、お届けさせてください。


文節区切りの線

タイトルの通り、新刊がでました!!!

しかも、今まで書いた本とはまったく別のイメージの本。
それなのに「実はこちらが、本当の顔では?(笑)」と言われている本。書籍の内容も、超男前です。

ご紹介させてください。

    $藤沢優月の日々是好日

こちらに情報も上がっています。

→ ようこそ! 『たいせつなことは船が教えてくれる』サイトへ!

詳しいコンテンツなどは、明日から配信が始まります。
本当に、できたてホヤホヤ。

さまざまなサイドストーリーや写真が、次々に配信になります。
楽しみにしていてください!

そして、こちらの取材中に出会った光景をうつした写真展は、ただいま

→ ONSA apartment. Room(会員専用スペース)
 
で行われています。
こちらのご入居のお申込は、こちらからできます。

→ ONSA apartment. Room(会員専用スペース):お申し込みはこちらから

昨日から、再入居の受付が始まりました。


文節区切りの線


そして、あらためまして船界の皆さま、数々の取材をさせていただき、心から感謝申し上げます。
ただいま私の元には、段ボールいっぱいの新刊が配送されて参ります。

腕が筋肉痛になるばかりの勢いでサインをし、来週じゅうには、皆さまにご報告をお届けできると思います。
今しばし、お待ちをお願い致します!!



あらためましてですが、この本は、128ページ・オールカラーです。
文章も書きましたが、写真も満載。

アデン湾からスエズ運河にかけてなど、治安上の理由で行けないところの写真は、優しいキャプテン(船長)の皆さまからお借りしましたが、それ以外の写真はほぼ、自分で撮りました。

やっと、スリランカの写真も載せることができました。
スリランカは私が、戦争で悲しい思いをした国です。
こちらの写真も、「ONSA apartment. Room(会員専用スペース)」で、ご入居者の皆さまにプレゼントしたばかり。

この本の取材をし、写真を撮りおろすために、特別に許可をいただいて、コンテナ船で日本から香港まで旅をしました。
女性はもちろん一人だけで、あとは全員、男性クルー。
でも、本当に安全で、本当に楽しかった。

航海士やエンジニアの方々と一緒に、海の上をわたってゆきながら、本当にたくさんのことを学びました。
そして今も、続きの本の取材の最中です。約2週間後にはふたたび、海洋国家・フィリピンに飛びます。


また、人生ではじめて、いわゆる「雲の上の方々」と、たくさんお会いしました。
そして学んだのは、いわゆる「雲の上の方々」は、本当に心が温かくて、素晴らしい方々ばかりであったということ。

大きな懐で、たくさんのことを学ばせていただきましたし、今もその最中です。

感謝ってこのことだ、人生を善く変えるために勇気を出す理由は、山ほどある!! と、あらためて思っています。

私はもちろん、そうやって進むのが好きだから、進んでいます。
もう、温かな人生がいい。

同時に、私がそうやって進み続けることで、ONSA WORKSHOP にご参加のみんなに勇気を届けられたら……。
人生はたしかに、勇気を出す価値があるんだと、行動で伝えられたら。

そんな風に思いながら、仕事や、出会いそのものを、本当に楽しんでいました。



ところで、船について書かれた一般書って、あなたの周りで、何か知っていますか?


……そう。

案外と、ないのよ!!!!


この本は、その1冊目となるべく、船界の皆さまの熱い応援と全面協力のもと、船酔い度0%・台風あけのしけた海の上でも美味しくおにぎりが食べられる著者・藤沢優月が達成致しました。

本当に楽しい本です。

ぜひ、お手に取ってご覧ください。



そうそう、もうひとつお知らせです。
「ONSA apartment. Room(会員専用スペース)」にご入居の皆さまに、スペシャルサプライズです。

皆さまのために、著者サイン入バージョンの本を、ONSA Yukkuri Store で販売します!

これは、「ONSA apartment. Room(会員専用スペース)」住民の方々のみの、スペシャルな特典。


本自体が、まだ流通していないので、流通したらサプライズを開始しますね。
どうぞ告知をお待ちください。



それでは、また!
重ねまして、どうぞ温かな夕べをお過ごしくださいね  (^_-)☆

前後の記事を見る

| MESSAGE : メッセージはこちらようこそ画像

  1. 新刊、おめでとうございます。
    家族や友人にも配るつもりなので、(今回は特に)発売を楽しみにしています。
    優月さんの著書用本棚が必要になってきましたね(笑)

  2. 新刊,おめでとうございます。
    船酔い,しないんですね。。。うらやましいなぁ。

    アパート住人としては,サイン本,待たせてもらっちゃおうかな。うふふ。競争率はげしいかしら??

  3. たーのーしーみー!です。
    読みたい。

    ”人生はたしかに、勇気を出す価値があるんだと、行動で伝えられたら。”

    ”そんな風に思いながら、仕事や、出会いそのものを、本当に楽しんでいました。”

    なみだがでます。
    わたしも、そう生きる!

    へこむたびに、おちこむたびに、(今なのですが)
    そういう時ほど余計に、自分が切望しているのを知ります。


    いいなぁ!!!!ヽ(^O^)/

    昔みたいに、ねっとりした嫉妬からでなく、
    先人に純粋なあこがれをこめた声で。


    そう生きてくださって、それをみせてくださってありがとうございます。

    感謝を。

    Thank you so much !
    Love,

  4. 新刊!おめでとうございます。

    私にシッポが生えていたら
    ちぎれんばかりに振っているでしょう。

    今からとっても楽しみです♪


TO TOP