Web. WORKSHOP の皆さま、ようこそ! コースが終わると7月です♪

ONSA WORKSHOP_15
Web. WORKSHOP の皆さま、ようこそ! コースが終わると7月です♪

2015年4月13日 17:45ONSA WORKSHOP_15

ONSA WORKSHOP バナー・画像

こんにちは、藤沢優月です。

関東以南では、桜もそろそろ終わり。
はやくも、黄金週間のニュースが流れてきましたね!

ここから夏までの時間は。びゅんびゅん過ぎます。
ですので ONSA でも、時間に負けずにご案内をさせてくださいね。




本日4月13日よりスタートの、ONSA Web. WORKSHOP。
ご参加の皆さま、ようこそ!!

本当に、ようこそお越し下さいました。
一緒に12週、駆けましょう。

1日ずつ、……もっと言えば
「今ここ」
「この瞬間」
だけに集中。
未来のことを考えすぎずに、しっかり「今」に軸足をすえて、共にワークをいたしましょう。

12週間、どうぞよろしくお願いいたします!




ところで。
私にとって、この週末は、とても感慨深い時間でした。

業務上のいろいろなことを整理しながら、いわゆる「一人『灯台の時間』」みたいな、大きなブレイクを取っていました。


その中で、いろいろ考えていたのです。

人はなぜ、過去のことを振り返るのだろうと。
そして、なぜ過去をしっかり振り返らないと、未来に進めないのだろうと。



「過去のことなんて、いつまでもくよくよするな」
そんな意見もあります。

そんなことを言う人も、確かにいます。
現実、今の私も、ふだんは過去のことをくよくよしません。


でも。
私が「共依存」からの回復のプロセスにいた時は、過去を振り返ることは、本当に大切な営みでした。
そして、大変な一大事業でもありました。

今でもつまずくと、ていねいに過去を振り返ります。
決して、自分のルーツは忘れません。


思うに、共依存からの回復のための振り返りと、「過去をくよくよすること」は、まったく異質なことなのです。


共依存からの回復における、「過去の振り返り」。
それは、言葉をかえるなら、自分が浸かっている水の色を、しっかり自覚する行為。

ルーツから目を背けず、自分の無意識の「生きグセ」「生活習慣病」に自覚的になる。
そのことによって、同じ選択を無意識に繰り返してしまう、破壊の輪廻から抜けてゆく。



……「輪廻」って、宗教的な言葉を使ってしまいましたが。
でも、共依存(依存症)のぐるぐるや「世代間連鎖」は、「輪廻」という言葉で表しても差し支えないと思えるぐらい、手強いもの。


「過去のことをくよくよするな」
というような、「気の持ちよう」的な対抗手段では、どうにもなりません。

しっかりした、科学的なアプローチを使った方がよいほど、手強い「生きグセ」。
手強いからこそ、一歩ずつ、しっかり対処します。


さあ、12週。
そしてこの12週が終われば、……書いている私もびっくり。
季節は7月です!

目の前の1つずつの課題を、粘ってゆきましょう。
あらためまして、どうぞよろしくお願いいたします!

| ONSA WORKSHOP についての詳しい情報は、以下のリンク先にまとまっております。 必要とされる方の、ご参考になりますように。
| ONSA は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズを代表作とする、文筆業・藤沢優月のオフィス。「ONSA」には、「響き合い、調和し合う」という意味が込められています。

| 本記事は、ONSA WORKSHOP にご参加の方・共依存の巻き込まれやハラスメントに苦しんでいらっしゃる方・状況から脱出の道を一歩ずつ歩んでいらっしゃる仲間に向けて、書き下ろさせていただいております。
ONSA は仲間の皆さまと、日々共に歩ませていただいておりますため、内容に大変熱がこもりますことを、どうぞお許しいただきたく思います。
そして、この記事をご一読くださった、あなた様の大切な時間・人生のためにも、本記事が役立ちますように。

TO TOP