「否定?」「小言?」 どうやって乗り切る?

日々是「夢をかなえる」TIPS
「否定?」「小言?」 どうやって乗り切る?

2015年1月8日 17:45日々是「夢をかなえる」TIPS

ONSA サイト・画像
イメージアイコン黄色の球イメージアイコン 

こんにちは、藤沢優月です。

あっという間に、1月も1/3が過ぎてゆきそうな気配です。
1日1日を大切に生きないと、2015年もきっと時間がびゅんびゅん過ぎるのだろうなあ。

どういう気持ちで生きても、同じ時間ですものね。
せっかくなら2015年も、明るい気持ちで生きたいですね。

文節区切りの線


そんなことを想いながら、今日は「『否定?』『小言?』 どうやって乗り切る?」です。


日本でずっと生きている場合は、なかなか気づけないかもしれません。
でも、日本と海外の両方を行き来している方は、このことを無意識に感じているかもしれません。

日本人は、細かい。


別名、繊細であります。

この細かさが「ポジティブ」に出ますと、日本人らしい気遣いの細やかさ、繊細さにつながりますよね。

日本の料理は本当においしいし、お菓子だって「砂糖ザーッ」みたいな味じゃなく、本当に味わい深い。
海外に行って、普通においしい食べ物を見つけるのがどんなに苦労か、さまざまな方が、それぞれの武勇伝を持っていると思います。
パリから来た友人が、「ずるい! 日本の普通のごはんは、本当に美味しい!」と驚いていました。

あるいは、日本の日常の中には、隅々までアートが生きている。

こんなことを言うと「??」と思われるかもしれませんが、でも……。たとえばパリで思わず「かわいい!」と手に取ったものが、案外日本製だったりする。
テープでとめるのに、セロテープではなく、かわいいマスキングテープを使うのも、日本ではわりと普通ですよね。
書類に、普通の付せんではなく、かわいい柄の付せんがくっついてくるのも、日本ならでは。


ここだけ読んでいれば、なんて素敵な国や〜と思う。


ところが……。

ものごとは必ず「満月面」と「新月面」みたいになっております。

この反動があらわれますと、とにかく日本人は「細かい!」とも思います。

たとえば、旅行のおみやげをせっかく買ってきたのに、
「お菓子はおいしいけど、もうちょっと、お茶がおいしかったらいいよね」
なんてコメントが入る。

すごくおいしいごはんをいただいているのに、
「食事はおいしいけど、店構えがちょっと……」
なんて、思わずコメンテーターになってしまう。もう、内心、無意識に。

なんででしょう、なぜか無意識的に、減点採点法になってますよね。
加点採点法ではなく。

で。この「無意識」が、無意識に、意識上に出ちゃったりすることもある。
「あっ!」みたいな。


新年から、いちいちアップダウンはしていられません。
そんなことをしていたら、ただでさえ大切な時間が、びゅんびゅん過ぎてゆく。



そんな時の私の対処方法は、もう、気にしない。

「気にしない」ってざっくりした対策かもしれませんが、
「ああ、日本人は細かいんだ」
「これは習性なんだ」
と思って、気にしない。

巻き込まれて、感情を巻き込まれて、時間を失わない。
そうではなく、「あっ」と感じる瞬間があったら、自分にとって、もっと価値のあることの方に目を戻す。



こんな風に2015年も、1日ずつを大切にして、私の時間を尊んでゆければいいですね!


ではでは、また!
どうぞ素敵な時間を。

| MESSAGE : メッセージはこちらようこそ画像

  1. 優月さん おはようございます。

    新年、心が下降線気味だったので、とっても力強い気持ちになりました。
    ありがとうございます^ ^
    ずっと日本にいる私には目から鱗です。
    きっと私自身も知らず知らず細かくなっているんだろうな。
    自分が人を巻き込まないように。
    人に巻き込まれないように。
    明るい気持ちで今日もやっていきます!


TO TOP