心に引っかかり続けている過去を、「過去」にするための優しい呪文

日々是「ターニングポイント」
心に引っかかり続けている過去を、「過去」にするための優しい呪文

2015年1月23日 11:50日々是「ターニングポイント」

ONSA WORKSHOP バナー・画像

こんにちは、藤沢優月です。

今日の静岡地方は、青空の見える晴れです。
晴れだから、生物学的には「獲物がいる日」となります(笑)。心なしか、身体も軽い。

皆さまはランチタイム、どんな獲物(メニュー♪)にターゲットを絞りますか?
おいしそうなものを、無事捕獲してくださいね!

文節区切りの線


どこだったのか、どんなきっかけだったのか、忘れてしまいました。
本だったのか、Web だったのか……。とにかく、文字だったことは覚えています。

ああ、これはすごく優しい考え方だ! そして、本当にその通りだと感じて、今は私の一部とさせていただいています。
素敵な考え方ですので、ぜひご紹介させてください。



今回のテーマは、自分の失敗です。
自分の失敗が繰り返しよみがえり、振り払っても戻ってきて、どうやっても逃れられない瞬間があります。

まるで栓を抜いてしまったシャンパンみたいに、ある瞬間、ぶわーっと記憶があふれてくる。
呼吸が浅くなって、頭がぼうっとなる。


「ああ……私は、よく考えると、なんて恥ずかしいことをしていたんだろう!」
「あんなことも言った! こんなことも、……堂々と言ってしまった!」

「私は、本当に何も知らなかったんだ。でも、あたかも『自分が全部知っている』ふうに、あんなに堂々と誰かを裁いていた」

「自分が正しいと心から信じ込んで、自分の価値観をもとに、誰かを決めつけていた」
「まるで、自分が『上』みたいに感じていた……」



時間の階段をひとつのぼるたび、不思議と、過去のとらえかたが変わって見える。

あの時は、「絶対に私が正しい!」と感じていたこと。
でも、その「絶対に正しい」ことでさえ、階段をのぼった後には、違ったふうに見える。


そして、「絶対に私が正しい!」で終わらせた関係。
相手との間に、置いたひと言。


階段をのぼるたび、ふとした瞬間に心のふたが開いて、それらのできごとが、ぶわーっとよみがえってくる……。

自分はなんて未熟だったんだろう。
自分が嫌になる。

そんな、いくつもの失敗体験が、私の中にはたんまりあります。




そんな時、教えてもらった呪文があります。


「この過去を経験したおかげで、今の私がある。私を成長させてくれたから、この過去の経験は、成功です。」



過去の失敗をたねに、いつまでも自分を「だめなやつ! だめなやつ!」と裁いていても、何も進まない。
それは、やり過ぎというもの。

そんなことを繰り返していたら、怖くて生きてゆけなくなってしまう。

なぜなら私たちは、過去から学び……多くは「成功」ではなく「失敗」から学び、未来に進んでゆく生きものだから。
つまりこの「トライ&エラー」のサイクルは、生きているかぎり、止まらないから。





自分を成長させてくれたことに感謝して、過去の失敗を手放す。
いつまでも、過去という時間の中をさまよって、自分を裁き続けない。

そして、もっと大事なことだけれど、手放して、「今」の方に焦点を合わせる。

私たちが唯一生きられる「今」という時間の方に、戻ってくる。
そして、「今」を集中して生きる。


それが、私たちが唯一、過去の失敗を正当に尊重してあげられるやり方。



人を傷つけて、人に去られてしまった過去があるからこそ、傷つけると、人は去るということを学んだ。
その体験から私は、人を傷つけるのはいけないことを、本気で学んだ。
この経験がなかったら、私は、このことを学ぶことができなかった。


過去をうけとめて、咀嚼して、学ぶ。

「トライ&エラー」

やってみて(トライ)、間違う(エラー)。……痛くてほろ苦い思いをしたからこそ、そこから本気で学んで、一歩一歩、歩き方を覚えてゆく。
お互いに痛い思いをしたからこそ、学び終わったら、過去に一礼して、敬意を持って手放す。

そうしてまた、「今」に戻ってくる。

過去を投げ捨てたり開き直ったりするのではなく、過去を受け止めて活かして、そして、「今」という時間を集中して生きる。



この呪文には、行動がともなっています。
そこが、好きなところ。

この「時間」を生きることへの視界が、どんどん広がってゆくところも、好きなところ。



ではでは、また。

よい天気です。
広い視界で、おいしいランチを捕獲してくださいね!

| ONSA は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズを代表作とする、文筆業・藤沢優月のオフィス。「ONSA」には、「響き合い、調和し合う」という意味が込められています。

| 本記事は、ONSA WORKSHOP にご参加の方・共依存の巻き込まれやハラスメントに苦しんでいらっしゃる方・状況から脱出の道を一歩ずつ歩んでいらっしゃる仲間に向けて、書き下ろさせていただいております。
ONSA は仲間の皆さまと、日々共に歩ませていただいておりますため、内容に大変熱がこもりますことを、どうぞお許しいただきたく思います。
そして、この記事をご一読くださった、あなた様の大切な時間・人生のためにも、本記事が役立ちますように。

| MESSAGE : メッセージはこちらようこそ画像

  1. まさに今日、泣きたくなるほどの失敗を思い出して、路上で思わず叫びました(笑)
    失敗があるから、今の私がある…すてきなかんがえかた。囚われるばかりのわたしに、嬉しい言葉の贈り物をありがとうございます。


TO TOP