人を傷つけるのも人。でも、救われるのもまた、人。

日々是好日_2015
人を傷つけるのも人。でも、救われるのもまた、人。

2015年3月4日 10:49日々是好日_2015

ONSA サイト・画像

おはようございます、藤沢優月です。

3月ですね〜。
静岡はすっかり春です。伊豆では、川津桜という早咲きの桜が満開です。

私の家の近所でも、梅が満開。
いよいよ、春ですね!




人を傷つけるのも人。でも、救われるのもまた、人によって。


最近、この言葉を実感するチャンスが、本当に多い。


ONSA につどってくださる方々の「人」への想いは、複雑なものがあると想像します。
何となくの印象なのですが、人生の前半期に、「人」にたいする苦労を多く背負ってきた方が、多い気がするから。
自分の姿が、オーバーラップします。


でも、最近思うことがあります。

「人」に期待することをやめ、自分の足で立ち……自分一人で生きると決めて、「人」をあてにしない。
人をあてにして人生設計をするのではなく、私の等身大の大きさで生きると、決める。

そうすると逆に、人に助けられる機会が、なんと多いことか!


正確に言えば、そうではないですよね、きっと。

「人」に対する過剰な期待をやめて、「人」に、本来自分が持つべき荷物を預けなくなる。
ヨロヨロでもいいから、自分の足で、しっかり立つ。

すると逆に、他人から差し出される、小さな親切に気づけるようになる。

やっぱり、自分しだいなんだな。




そんなことを想う、春の日。
どうぞ皆さまにとっても、温かな1日となりますように。


TO TOP