あきらめない。自分が、自分の人生をあきらめてしまわない

ONSA WORKSHOP_15
あきらめない。自分が、自分の人生をあきらめてしまわない

2015年3月24日 12:55ONSA WORKSHOP_15

ONSA WORKSHOP バナー・画像
イメージアイコン黄色の球イメージアイコン

こんにちは、藤沢優月です。

あらためまして、昨日から ONSA WORKSHOP(対面式)のお申込を開始させていただきました。
変わる春です。

大勢の方に、すでにお申込いただきまして、ありがとうございます。
すでに、お席の様子が微妙になっているコースもございます。
ご参加ご希望の方は、今回ばかりは早めをお勧めします。お待ちしておりますね。

本コース、ただいま募集をしておりますが、終わる頃には夏ですよ。
お盆前が、終了時期となります。

時間は早い。
だから一緒に、変わる春、変わる夏にしましょう。

自分だけは、自分を絶対に、あきらめない。
自分が自分をあきらめてしまったら、あなたの人生を豊かに守って支えてくれる人が、いなくなることになりますから。





ぜひ、こんな風に考えてみてほしいのです。
……とはいえ私は、最初からはこんな風に、考えることはできなかった。
でも次第に、「考え方のクセ」が変化してきました。


どういうことかというと、うまくできないことがあったら、普通は「うまくできない」と後ろ向きになってしまいますよね。

すると、おなじみのセルフトークが発動します。

「うまくできないのは、私の中の何かが悪いからだ」
「私が過去に、よくできなかったから/じゅうぶんではなかったからだ」
「過去の私が『ダメ宣告』を食らっているようで、悲しい」
「うまくできるのは、うまくできるように選ばれた人たちだけ」

何かがうまくゆかない時は、とりわけ、こんな言葉たちに飲まれてしまいます。


でも、そうじゃない。

うまくできないということは、
「まだそれだけ、うまくできる伸びしろがあるんだね!」
こんな風に、考えてみる。

いま、うまくできないことが、うまくできるようになったら。

私はどれだけ、自由を感じることができるだろう。

未来……少し先の「今」を、どれほど安全にしてあげられるだろう。




さあさあ、一緒に練習しましょうよ。
足踏みして迷っている時間が、もったいない。

私がお手伝いできるのは、ONSA WORKSHOP(対面式・Web. WORKSHOP)の中。
お待ちしていますので、ぜひぜひ、仲間に加わってください!

幸せはこわくないし、幸せな人生に、数の制限はない。

あなたが、あなたのために、素晴らしい人生の基礎を築くワークショップ。
ご参加、お待ちしていますね (^_-)☆



| ONSA は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズを代表作とする、文筆業・藤沢優月のオフィス。「ONSA」には、「響き合い、調和し合う」という意味が込められています。

| 本記事は、ONSA WORKSHOP にご参加の方・共依存の巻き込まれやハラスメントに苦しんでいらっしゃる方・状況から脱出の道を一歩ずつ歩んでいらっしゃる仲間に向けて、書き下ろさせていただいております。
ONSA は仲間の皆さまと、日々共に歩ませていただいておりますため、内容に大変熱がこもりますことを、どうぞお許しいただきたく思います。
そして、この記事をご一読くださった、あなた様の大切な時間・人生のためにも、本記事が役立ちますように。

TO TOP