出会いと別れ、浄化と脱皮の春。そして、時間をきざむモノとはずっと一緒。

Yukkuri Store_革熱病日記
出会いと別れ、浄化と脱皮の春。そして、時間をきざむモノとはずっと一緒。

2015年3月25日 18:45Yukkuri Store_革熱病日記

ONSA Yukkuri Store・画像
スタッフ用・イメージアイコン黄色の球スタッフ用・イメージアイコン

こんばんは、藤沢優月です。

ONSA トートをご注文の皆さま、お待たせしました。
今週末から来週にかけまして、皆さまのご注文されましたトートバッグが、いよいよご配送となります。

職人が、心を込めて、ひとつずつ手作りで仕上げました。
そんな、丁寧だけれどスローな製品をお待ちくださり、心からありがとうございます。


時を一緒に刻み、5年でも10年でも飽きずに使えます。
私の初代トート(サンプル)も、もう5年近くの時が経ちますが、ベーシックなモノは飽きません。

飽きないのに、いつも寄り添ってくれる。
共に時間を刻んでくれる。
そんな革製品が、本当に好きです。


春らしい綺麗色が、もうすぐお手元に届きます。
どうぞ楽しみにお待ちくださいね!






春は、出会いと別れの季節。そしてきっと、浄化の季節。

蛇が冬眠からさめ、脱皮して新しい季節を迎えるように。
この季節になると、私も脱皮したい。

古いものを脱ぎ捨てて、新しく1年をスタートしたい。
そんな気持ちで、私はただいま、家の大掃除中。



この先の時間に、要るもの。
そして、要らないもの。

ひとつずつ選り分けて、要らないものに別れを告げます。
まさに、浄化の行為。

パワースポットに出かけなくとも、身の回りを整えることは、じゅうぶんな浄化力を持ちますね。


そんな中、絶対に手放さないものは、一緒に時を刻むもの、ベーシックなものです。


流行のあるものは、シーズンが過ぎると、賞味期限が過ぎてしまう。
反対に、流行のないもの・ベーシックなものは、その時ぱっとは飛びつかいぐらい、コンセプトが地味。

でも、浄化したくなる瞬間に、くっきり分かる。
共に時を刻むものは、絶対に、手放す気になれない。

そして、手放さなくともよい。
だって、ベーシックなゆえに何とでも喧嘩しないで、調和してくれるから。

だから、革製品が好きです。
使えば使うほど、私の歴史の一部になってゆく。





写真/手帳バンド SUPER MOON:夕焼


重ねて、「革熱病」の皆さま。
この春も一緒に、革熱病の熱、楽しみましょうね。

1点、あるいは2点ずつ、シーズンごとに大切に買い足されるリピーターさんの熱を感じ、生き方の熱に共感します。

必要ないものは、時間とともに削ぎ落とす。
必要なものは、時間とともに、歴史を重ねる。


ともに時間を重ねる喜び、一緒に味わえたらと思い、今日も私は浄化中……そして「革熱病」中。
ONSA Yukkuri Store では、ベーシックな革文具を、引き続きセミオーダー受注中です。

| ONSA Yukkuri Store 革製品セミオーダーの詳しい情報は、以下のリンク先にまとまっております。
ぜひご覧ください♪

TO TOP