2015年後半の対面式ワークショップ。ONSA ブログをご覧の方にだけ、こっそりお知らせ♪

ONSA WORKSHOP_15
2015年後半の対面式ワークショップ。ONSA ブログをご覧の方にだけ、こっそりお知らせ♪

2015年4月4日 11:30ONSA WORKSHOP_15

ONSA WORKSHOP バナー・画像
イメージアイコン黄色の球イメージアイコン

こんにちは、藤沢優月です。

花が綺麗な週末です。
どんな時間をお過ごしですか?

桜が散ると、一気に時間が加速しますね!
だからこそ、当ブログをチェックしてくださっている方にだけ、こっそりお知らせさせてください。




2015年前半の対面式ワークショップ。
おかげさまで、続々お席が埋まっております。2015年も ONSA は、ひるむことなく共依存(依存症)に対峙して参ります。

その真剣な空気を感じとってか、初参加の方もお見受けします。
ようこそ!

ONSA は、ストア(ONSA Yukkuri Store)もワークショップ(ONSA WORKSHOP)も、リピーターの方が多いです。
おそらくですが、8割ぐらいがリピーターの方です。

その方に合うか合わないかは、一度やってみなければ、分からない。
ですが、「ふたたびつきあってやってもいいかな♪」と感じる方が多いということは、少なくともコワーイ場所ではないので、安心してください!




ONSA WORKSHOP の多くのリピーターの方が、特に気に入ってくださっているポイント。
「安全」(肯定的な意味で、管理者がいる)
とか
「価格」(支払う時は高く感じるけれど、ワークできる実質期間を考えたら、総合的に割安)
とか
「サービス」(参加者と交流できる♪)
「好きな時にログインできる」(「しがみつけ」て便利)
「デザイン」(暗い気分にならない!)
「内容」(隠し立てせず、リアルな現実を、しっかり教えてくれる/怖い時も、伴走してくれる)
とか……。

それぞれの方がお気に召してくださっているポイントは、いろいろあると思います。


そんな中でも、私自身が「ここはけっこういいんじゃない?」と思う、ONSA WORKSHOP のおすすめポイント。
それは、最終的に、社会の中でしっかり生きてゆくことを前提としていること。


単に、痛かった傷が癒されるということに、重点を置いているわけではない。
……いや。
それだってよく考えれば、けっこう、すごいこと。

「この、自分いじめさえ止まったら、どれほど幸せか!」
ONSA WORKSHOP にご参加くださる皆さまの、最初の動機は、おそらくここです。


ところが、ご参加されているうちに、皆さま肯定的な意味で、ぜいたくになってこられます。
重ねて、すごくいいこと!
自分が、自分をあきらめないということは、とても大切なことです。
自分で自分をあきらめてしまったら、けっきょくふたたび、依存と暴力の中に逆戻りしてしまう危険が高まりますから。


そんなことにならないよう、ONSA WORKSHOP が最終的に目指すところは、社会の中でしっかり生きられる自分になること。
すべてのコースは、この目標に向かって、デザインされています。



ONSA WORKSHOP(対面式)ではとりわけ、リアルな日常の中に持ち帰ることを前提に、何度も再訓練を行います。

ノーと言えなかった人が、気がつけば、ブラック残業に応じなくなっていた。
一歩ずつ自立を進めていって、気づけば、一人暮らしまで進めた!

再就職した! 転職した!


……重ねて。
「自分を責めない」
これだけで、じゅうぶんな成果。

その上、気づけば、具体的に現実を動かせるようになっている。
それは、社会の中でしっかり生きることを目標に、みんなの力が引き出されるよう、意識的にコースを組んでいるから。

ご参加の皆さま。
その時は、たくさんチャレンジが必要かもしれません。ご苦労をおかけします。

が、気がつくと現実が進んでいる。
なかなか悪くないように思うのですが、いかがでしょう。

……そして重ねて、私どもはコースを組んで、いっしょうけんめい伴走するだけ。
最終的には、「しがみつく」のは、みんなの力。

歩いている足は、あなたの足です。
本当に素敵です。





そんな中、2015年の後半の ONSA WORKSHOP(対面式)では、もうひとつ新しい試みを行ってみようと計画しています。
これも、
「社会の中でしっかり生きる」
この目標を意識したものです。

何をするかというと、みんながすごーく怖いであろうテーマ、
「お金と自立」
これに取り組むコースを計画しています。

「お金と自立のワークショップ(仮)」
です。



先に申し上げておきますが、これは、億万長者を目指すワークショップでもなければ、いわゆる「経済自由人」を目指すコースでもありません。
そういった講座やコースは、いたるところに勧誘があると思いますので、そちらで。
当コースは、投資も扱いませんし、お金を増やすことも扱いません。


そうではなく、共依存(依存症)者が、本当に基礎的な経済的自立を果たすための、基礎の勉強をしたい。
そのためのコースと位置づけています。

銀行口座にあるお金の金額や、現在ついている職業。
それで得ている、具体的な給料額。

そういったものとはまったく別次元で、共依存(依存症)者にとって、お金と自立は、一種恐怖の対象かと想像します。
さまざまな混乱した記憶が、「自立」「お金」……この2つのキーワードと結びついていることでしょう。

そういったものを、ONSA WORKSHOP なりのやり方で、整理して、ときほぐしてゆく。
緊張や恐怖の記憶から、自由になる。

たくさんの幻想から、自由になる。
私が実際にこの目で見ている、経済的に成功している人たちのライフスタイル。それは、決して本などで華々しく語られるようなものではなく、いたって常識的であることも、しっかり話したい。

いたって常識的なら、私にもできる。
その基礎を、分かち合いたい。
たくさんの「誤解」「勘違い」を、一緒に解きたい。

自立ってどういうことなのか、一緒に、しっかり考えたい。
精神的にも、経済的にも、しっかり自立して生きてゆける、その土台の土台……そのまた基礎の土台を作りたい。



世の中に、どうやってお金を得ようかというコースは多々あるけれど、かんじんの「ここ」を提供しているコースが見当たらない。
でも、私(藤沢)にとって、「自立」「お金」は、非常に重要なポイントでした。
そして、おかげさまで私は自立していますので、本コースは、提供の労力を注ぐ価値があるだろうと思っています。


ONSA WORKSHOP で、回復と自立のためにワークされている多くの女性。
自立、そしてお金(経済的自立)は、大きなポイントですよね。

たくさんの方が、日々悩まれているのを、ひしひしと感じています。

自立しているからこそ、暴力からも自由でいられるし、安心して時間を重ねられる。
誰かに人生を依存し、依存することで「巻き込まれ」返されることからも、自由になれる。


今後、時間が経つにつれて、「自立」はますますポイントになってくるでしょう。
お金ひとつとっても、経済的に自立することなく、これからの時代を生きるのは、本当に危うそうですから。




話はスケジュールの件にとびます。

このコースを割り込ませるとなりますと、当然、お時間のご相談をする必要が出てきます。
そのようなわけで、現在計画されております

→ 第197回 ONSA WORKSHOP 「変容(トランスフォーメーション)ワークショップ」
 (2015年10日3日 ワークショップ・クラス開催)

こちらのコースが、「お金と自立のワークショップ」に差し代わりそうです。



「変容(トランスフォーメーション)ワークショップ」は、現在募集中の日程にも、コースがございます。
ご参加を迷われている方は、現在募集中の日程を、再度ご検討いただけませんでしょうか。

「変容(トランスフォーメーション)ワークショップ」も、大変基礎となる、大切な知識です。
参加順などを、いろいろご計画の方もいらっしゃると思います。
そのため、お早めの情報出しをお許しください。




また、「お金と自立のワークショップ」は、

・「ONSA Web. WORKSHOP(2)コース2/STEP.1」
・「境界線(バウンダリー)ワークショップ」

までを完了した方を、ご参加資格とさせていただこうと思っております。

理由ですが、自分に何が起きているか分からないと、たぶん「自立」「お金」という大きな問題には、向き合えない。
そして「ノー」と言えないと、向き合っても実際、現実をどうすることもできない。


すごく悲しいことなのですが、
「自分に何が起きているか分からない方」
「『ノー』と言えない方」
が、お金系のセミナーに、盲目的につぎ込んでしまいがちかもしれません。

なぜなら、お金と自立はまさに、

・自分に何が起きているか、現状がしっかり分かること(等身大の現実が見えていること/見る勇気があること)
・必要なことには『ノー』と言えること(自分のニーズが主張できること)

が、中心テーマですから。


ONSA では、盲目的につぎ込まれることは望みませんし、そういうコース設計にもしたくありません。
本当に、誰かの自立のための、実際の役に立ちたい。

ですので、準備のできた方から、再訓練を最大効果でキャッチしていただきたいということで、ONSA ではこのような計画とさせていただければと思います。

ONSA で提供している、他のコースと同じ。
本当にできるようになることを、目指しますよ。一度でできなかったら、何度でもやってみればいいのです。

世の中に氾濫している「お金」と「自立」の情報量の多さと混乱だけを見ても、一発で全部なんて、できるわけない。
でも。
一度でできなかったら、できるまでやってみればいい。

できるまで再訓練すること・あきらめないことは、地味でコツコツした作業。
でも、土台と実体のあることは、実際に可能です。



「自立とお金には、いつかしっかり、向き合わないといけないよ!」
と、ご自身でご自覚のある方。

「お金と自立のワークショップ」募集の期限までに、上記コースに向き合っておいてくださいね。
ひとつずつ、しっかりした基礎の力を養ってゆこう。

基礎があれば、その上に積み重ねられます。




それでは、長くなりましたが、こっそりお知らせでした。

本当に本当に、本当に。
一人でも多くの仲間が、この社会で自立して、ハラスメントや暴力の影響を受けることなく、幸福に暮らせますように。

こんなことを祈りつつの、4月の第1週とさせてください。


花も綺麗な季節。
どうぞよい週末をお過ごしくださいね!


| ONSA WORKSHOP についての詳しい情報は、以下のリンク先にまとまっております。 必要とされる方の、ご参考になりますように。
| ONSA は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズを代表作とする、文筆業・藤沢優月のオフィス。「ONSA」には、「響き合い、調和し合う」という意味が込められています。

| 本記事は、ONSA WORKSHOP にご参加の方・共依存の巻き込まれやハラスメントに苦しんでいらっしゃる方・状況から脱出の道を一歩ずつ歩んでいらっしゃる仲間に向けて、書き下ろさせていただいております。
ONSA は仲間の皆さまと、日々共に歩ませていただいておりますため、内容に大変熱がこもりますことを、どうぞお許しいただきたく思います。
そして、この記事をご一読くださった、あなた様の大切な時間・人生のためにも、本記事が役立ちますように。

TO TOP