「ひなぎく」「あずまいちげ」クラスの皆さま。おつかれさまでした!

ONSA WORKSHOP_15
「ひなぎく」「あずまいちげ」クラスの皆さま。おつかれさまでした!

2015年5月31日 16:30ONSA WORKSHOP_15, PAY FORWARD

ONSA WORKSHOP バナー・画像
イメージアイコン黄色の球イメージアイコン

こんにちは、藤沢優月です。
昨日の地震、驚きましたね。皆さまは、何をしていらっしゃいましたか?

私は、取材出張で長野県にお邪魔していました。2014-15年、数え切れないほどお世話になっている、長野県です。
長野は、あまり震度は大きくなかったのですが、それでも「あの」揺れ方をしました。
きっと、どこか遠くが大きく揺れているんだろうというような、あの揺れです。

本当に幸いだったことは、人的被害がなかったこと。
ニュース等でチェックしている現在、深刻なことになられた方は、いらっしゃらないとのことですね。


3.11 のあの日をさかいに、それぞれの方が、さまざまなことを思いめぐらせたように思います。

人生の時間は、実は有限で、とても大切なもの。
そんな、当たり前のことに、気づいたかもしれない。


「何となく『今』を行き過ぎさせるような、流されるままの生き方に、疑問を覚えた……」

あの震災が、私たちに教えてくれることがあったとしたら、きっと、そのようなことだった。

時間は命。
命は、時間。

この地球の上で、時間が終わりを迎えるということは、命が終わりを迎えるということ。


今回の地震をきっかけに、私はあらためて、そんなことを想いました。
重ねて、皆さまご無事で、本当によかったです。






まだ寒い2月からスタートをした、ONSA Web. WORKSHOP。
ひとつの節目の、完結です。
ご参加の皆さま、本当におつかれさまでした。


月並みなようですが、毎日は、なんの派手さもない、ありきたりの、普通の時間です。
その時間の連続が、私の人生。

でも、そんな毎日の一瞬一瞬を、私は確かに生きている。


次々にやってくる「人生のY字路」は、ただ流されるままに選び、漫然と歩いてゆくこともできる。
でも、誰かに指示されたからではなく、それが「そうあるべき」「正しい」生き方だからでもなく。あなたが、あなたの心(ハート)で、あなたの進む道を選んでゆくこともできる。
ひとつずつ、一瞬ずつ、納得のゆくまで考えて、選ぶことができる。


小さなことですが、果てしなく大きなことですね。
こうやって「ただの時間」が、「あなたの時間」……あなたの人生になってゆきますよ。



ご参加の皆さま、本当におつかれさまでした。
勇気を出して歩き抜いた自分を、たくさんたくさん、褒めて認めて差し上げてくださいね。

ではでは、また!

| ONSA WORKSHOP についての詳しい情報は、以下のリンク先にまとまっております。 必要とされる方の、ご参考になりますように。
| ONSA は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズを代表作とする、文筆業・藤沢優月のオフィス。「ONSA」には、「響き合い、調和し合う」という意味が込められています。

| 本記事は、ONSA WORKSHOP にご参加の方・共依存の巻き込まれやハラスメントに苦しんでいらっしゃる方・状況から脱出の道を一歩ずつ歩んでいらっしゃる仲間に向けて、書き下ろさせていただいております。
ONSA は仲間の皆さまと、日々共に歩ませていただいておりますため、内容に大変熱がこもりますことを、どうぞお許しいただきたく思います。
そして、この記事をご一読くださった、あなた様の大切な時間・人生のためにも、本記事が役立ちますように。

TO TOP