自分を、決して見捨てない。自分の人生は、自分にしか何とかできないから

ONSA WORKSHOP_15
自分を、決して見捨てない。自分の人生は、自分にしか何とかできないから

2015年6月8日 11:30ONSA WORKSHOP_15

ONSA WORKSHOP バナー・画像
イメージアイコン黄色の球イメージアイコン

おはようございます、藤沢優月です。

6月も第2週ですよ〜早いですね!
今日から、6月スタートの ONSA WORKSHOP がはじまります。

ご参加者の皆さま。
本ワークショップの全日程が完了する頃は、なんと9月なかば!
(うぉー)
1週間ごと、そして1日ずつを大切に、共に進んで参りましょう。

コツコツ、一歩一歩で大丈夫。
不器用に転んだり、うまくできなかったりしながら、ゆきましょう。
毎週完璧にやってやろう! なんて思っていたら、燃え尽きてしまいますから。


素直に、素直に、でこぼこも織り込みながら参りましょうね。
12週間、どうぞよろしくお願いいたします。




お知らせのとおり、ONSA WORKSHOP(対面式)の春開催分が、もうすぐ締切となります。
例によりまして、締切前のお飛び込みが、まるでトビウオのように激しくなっております。

本記事のタイトルにもありますように、自分の人生のめんどうを見てあげられるのは、自分だけ。
年齢が重なってゆくごとに、助けてくれる人は、いなくなってゆく。

それは、私たちが年齢的に、どんどん大人になってゆくから。
すごく当たり前のことだけれど、でも、意識しないと受け入れられないこと……。大人になるということは、自分の人生選択をひとつずつ、自分で引き受けなければならないということ。


ところが、本ブログや ONSA 公式サイトをご覧いただいている皆さまは、こんなふうに感じられるかもしれません。

「私はもう40代だし、遅いよ」
「転職が成功するリミットの、36歳付近をすぎてしまったから、もう人生いろいろ遅い」
「20代後半で、人生望んだようになっていない。遅れをとっていて、焦る」


……そうかな。


日本国の平均によると、現在の女性の平均寿命は86歳。
つまりは、
「もう20代後半だし」
「30代半ばだし」
「もう40代だし、遅い」
と言っていても、「もう遅い」と言っている以上の時間を、さらに、私たちは生きることになる可能性が、非常に強い。


もう役に立たない・硬直したやり方で、自分に何の良さももたらさない、いろいろな考え。
手放して、別のやり方を学んだ方がよいと、頭では分かっていても……。慣れたやり方と違うやり方を、試すのは怖い!

それも、とても分かる。

同時にですが、現在 ONSA WORKSHOP で再訓練を重ねている方々も、最初は同じ想いだった。
でも今は、変わること……必要のない鎧を脱ぎ捨てることに、すっかり慣れつつあります。


もちろん、私(藤沢)もでしたよ。ヒトですもの、みんな同じ。

ところが、思いきってやってみると、それは、想像していたより恐ろしくない。
「私」にも、ちゃんとできる。



「……私も、飛び込んでみようかな」と感じていらっしゃる方。

ぜひ、お飛び込みをお待ちしておりますね。
1つ前のブログ記事・ならびにサイト肩バナーにご案内がまとまっております。



ちなみに、プチアドバイスをお書きしておきます。

現在 Web. WORKSHOP で健闘されていて、「よっしゃ! このまま進むぞ!」と考えられている方。
「境界線(バウンダリー)ワークショップ」は、受けておいた方が楽です。

また、自分の苦しさの原因の構造が、「頭では」何となく分かってきた方。
「感情ワークショップ」
「変容(トランスフォーメーション)ワークショップ」
「インナーチャイルド・ワークショップ(前期日程)」
がお勧めです。
安全に設定された場所で、思いきり「泣く」という行為を試してみれば、自分がどれほど傷ついているのか、その度合いが分かりますから。

身体に症状が出ている方は、
「身体のワークショップ」
「インナーチャイルド・ワークショップ(前期日程)」
2コースからのアプローチがおすすめ。
私は、これらのコースからのアプローチが最短で済む方が、潜在的に多いと感じています。

ちなみに。
「変容(トランスフォーメーション)ワークショップ」は非常に地味な基礎講座なのですが、今回なぜか大人気。
午前11時現在、残席あと1です。




たった今この瞬間も、ご参加者の皆さまと一緒に、ONSA は「私の人生は私が責任を持つ」を進行中。
同じ想いのおおぜいの仲間が、すでにここにいらっしゃいます。

一人じゃないです。
あなたのご参加を、お待ちしていますね。ぜひ、いらしてください。


それでは、また!
本記事の後に、1本情報をアップさせていただきたいと思います。同様に、ご参考になりますように。

| ONSA WORKSHOP についての詳しい情報は、以下のリンク先にまとまっております。 必要とされる方の、ご参考になりますように。
| ONSA は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズを代表作とする、文筆業・藤沢優月のオフィス。「ONSA」には、「響き合い、調和し合う」という意味が込められています。

| 本記事は、ONSA WORKSHOP にご参加の方・共依存の巻き込まれやハラスメントに苦しんでいらっしゃる方・状況から脱出の道を一歩ずつ歩んでいらっしゃる仲間に向けて、書き下ろさせていただいております。
ONSA は仲間の皆さまと、日々共に歩ませていただいておりますため、内容に大変熱がこもりますことを、どうぞお許しいただきたく思います。
そして、この記事をご一読くださった、あなた様の大切な時間・人生のためにも、本記事が役立ちますように。

TO TOP