「明ける」と分かるから、大丈夫。

ONSA WORKSHOP_15
「明ける」と分かるから、大丈夫。

2015年6月30日 18:15ONSA WORKSHOP_15

ONSA WORKSHOP バナー・画像

こんにちは、藤沢優月です。
重ねまして、「ONSA WORKSHOP(対面式)」ワークショップ・クラス第1週目にご参加の皆さま、おつかれさまです。

新しい知識と実践をへて、内側で、着々と変化のさいちゅう。
たとえるなら、海の底の砂がぶわっと舞い上がって、目の前が濁ってしまったかのよう。

一時的に視界がなく、何も見えない。流れも速い。
不安、怖い、必死。


きっと、そんな時間をお過ごしであろうと想像しています。



決して無責任な言い方ではなく、……大丈夫。

不思議なのですが、自分自身にとって本当に必要な変化は、なぜか守られている。
大丈夫。

そして、
「私が、私を大切にする」
「私が、私の人生の権利を、自分の手に取り戻す」
ということ。

これが、自分自身にとって本当に必要な変化以外の、何だというのだろう。


私が、私の人生を生きる。私が、私を大切にする。

これは、ぜいたくでも、高望みでもない。
人生の基調低音になるほどの基本で、私の当たり前の権利で、そして、とても大切で重要なこと。





対面式ワークショップ・クラス第1週目にご参加の皆さま。
重ねまして、おつかれさまでした。

この1週間は、ゆっくりゆっくり。

舞い上がった砂は、時間とともに落ち着く。
すると。
少しずつ開けてきた視界の向こうに、変化の柔らかな芽を、きっと見つけられる。

焦らず、自分を守りながら。
少しずつ出はじめている、柔らかな変化の芽を、大切に守ってゆきましょう。

| ONSA WORKSHOP についての詳しい情報は、以下のリンク先にまとまっております。 必要とされる方の、ご参考になりますように。
| ONSA は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズを代表作とする、文筆業・藤沢優月のオフィス。「ONSA」には、「響き合い、調和し合う」という意味が込められています。

| 本記事は、ONSA WORKSHOP にご参加の方・共依存の巻き込まれやハラスメントに苦しんでいらっしゃる方・状況から脱出の道を一歩ずつ歩んでいらっしゃる仲間に向けて、書き下ろさせていただいております。
ONSA は仲間の皆さまと、日々共に歩ませていただいておりますため、内容に大変熱がこもりますことを、どうぞお許しいただきたく思います。
そして、この記事をご一読くださった、あなた様の大切な時間・人生のためにも、本記事が役立ちますように。

TO TOP