『夢かな手帳2016』、著者藤沢の手帳は早くもこんな感じ。例年通り「こなれデニム状態」です。

書籍:夢かな手帳2016
『夢かな手帳2016』、著者藤沢の手帳は早くもこんな感じ。例年通り「こなれデニム状態」です。

2015年11月6日 20:15書籍:夢かな手帳2016

ONSA サイト・画像

こんばんは、藤沢優月です。

『夢かな手帳2016』ユーザの皆さま。
使用感はいかがですか?

著者(私)は、例年になく使い勝手のよい手帳に仕上がっているな〜と、一人感慨深いです。

ここのところの『夢かな手帳』は、おかげさまで使用感が安定していますので、メジャーチェンジはありません。が、毎年密かに、ちょこちょことした箇所をマイナーチェンジしています。

たとえば、各月のフォント。
たとえば、各章のキャッチのところ。......ここに今年は「ヤバい子」が登場してくれました。



| 著者気に入りの「ヤバい子」。年齢不詳、所属不詳。

あるいは、年間表や、年間スケジュールのフォントや、級数(フォントのサイズ)。
こういった、コツコツマイナーチェンジの繰り返しが、全体的な誌面を見やすくしています。


マイナーチェンジを、コツコツできるのも、つまるところ、「チーム夢かな」は手帳好きなのですよね。

手帳好きによる、手帳好きユーザ様のための、実用手帳。
今年もぜひ、『夢かな手帳2016』を楽しんでいただけると嬉しいです。

一緒に盛り上がれたら、楽しいですね。



そんな藤沢の『夢かな手帳2016』ですが、こんなふうになっております。



いえいえ。これは『夢かな手帳2015』ではありませんよ。
おろしたての『夢かな手帳2016』でございます。

誰でしょうか。
「早くも使用感満点」などと言うのは。......ええ。その通りでございます。

手帳は、眺めておくものではなく、使うもの。
ガンガン使って、何度も訂正したり書き直したりして、ガリガリ汚して、お気に入りのデニムみたいに愛用してくださいね!


ではでは、また。
どうぞ素敵な週末を♪

お知らせ |『夢をかなえる人の手帳』シリーズをもとにした公認のコンテンツやワークショップを提供しているのは、藤沢優月(著者)が主催する「ONSA」ならびに「ONSA WORKSHOP」のみとなります。
藤沢優月(著者)ならびにディスカヴァー(出版社)は、いかなる個人や団体にも、『夢かな手帳』の名を使用して活動したり、コンテンツを使用させることを公認しておりません。「夢をかなえる」「手帳」「手帳術」セミナー等の名称を使用する第三者の活動は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズとは一切の関係がございませんので、どうぞご注意ください。

TO TOP