Carpe Diem(今日を摘め)

日々是好日_2015
Carpe Diem(今日を摘め)

2015年11月16日 17:15日々是好日_2015

ONSA サイト・画像
イメージアイコン黄色の球イメージアイコン 

こんにちは、藤沢優月です。

すっかり日が短くなりました。
午後5時を過ぎれば、もう「夕闇」といった季節ですね。




パリに住む友人から、メールが来ました。

「Carpe Diem!」

そこには、こう書いてありました。


テロや地震、大きな事故……。
日々の平穏な生活の土台が揺さぶられるような出来事に出会うと、心がぐらぐらしてしまう。
それは、人として、ごくごく当たり前の感覚のように思います。

そんな中、「Carpe Diem!」……「『今ここ、今日』という1日を、まずは生きよう」。
こんな言葉は、私の全身をぐっと大地につけてくれ、落ち着かせてくれます。


「Carpe Diem」って、時々聞く言葉ですが、あらためて調べてみました。
すると、直訳では
「今日を摘め」
という意味なのだそうですね。

つまりは、「今日を、しっかり手につかめ」……ひるがえって「『今ここ、今日』という1日を、まずはしっかり生きよう」という意味。


「傷ついた方々、亡くなった方々は、どれほど悔しかったことだろう。
だからこそ、よ。
安全にじゅうぶん気をつけながら、私は、私のいつもの日々を、生きなければならないわ。
今日1日を、まずはしっかり生きるのよ。」



メールには、こんなことが書いてありました。

……ホントだな。
浮き足立ちすぎたり、反対に、凍りついて、何もできなくなってしまったりするのではなく。

私も、私の「今日1日」の続きを、まずはしっかり生きよう。



友人や、傷ついている方々のために、何かができますように。
傷ついた心が、少しでもなぐさめられますように。

| MESSAGE : メッセージはこちらようこそ画像

  1. こんばんは。
    Carpe Diem、本当にそうですね。私も、今日この一歩をきちんと生きます。

    別記事の、まず自分の庭からというお話も、深く心に刻ませていただきました。

    優月さん、ありがとうございます。


TO TOP