ONSA WORKSHOP。「声」が聞こえなくなったら、ぜひ来てくださいね

ONSA WORKSHOP_19
ONSA WORKSHOP。「声」が聞こえなくなったら、ぜひ来てくださいね

2019年1月10日 18:50ONSA WORKSHOP_19

ONSA WORKSHOP バナー・画像

こんにちは、藤沢優月です。
1月も、はやくも上旬が、過ぎようとしています。

予告通り、2019年は(も)、どんどん飛ばしますよ。

1日ずつの「今ここ」を、大切に、濃く生きたい。
気づき多く、生きたいです。


文節区切りの線


おとといは、「『対面』することの大事さ」について、書かせていただきました。

たとえば、こんなこと、ありませんか?
日常の、ふとしたシーンで。

「あの人、このことを、どう思っているんだろう」
「気にしてるだろうか」
「内心、ムッとしているのでは?」


ぐるぐる、ぐるぐる、考え込んでしまう……。

でも、会ってみたら、
「あれっ?」
というほど、気にもしていなかった。

すべては、私の頭の中で、ぐるぐると起こっていたこと。


人間の、頭。
脳。
それは時々、こんなエラーを起こします。

だから、「会う」って大事。

会うと、妄想や想像、不安にふくらんだ部分が、ちゃんとしぼむ。
「等身大」に、戻ります。

これが、すごく大事なこと。
妄想や、肥大した不安が、等身大に戻る。



文節区切りの線


ONSA WORKSHOP は、「対面」しないと、その先のコースに進めないように、意識的にコース設計がなされています。

それは、回復作業って机の上ですることではなくて、人と人との、つながりの中ですることだから。


先を行っているお仲間さんたちから、
「ひとりじゃないよ」
という言葉の大切さも、代々、受け継がれていますね。

このことを逆に言えば、
「一人で、机上の上ばかりは、よくないよ」
ということ。


「会う」「対面する」。
すると、うまくゆくことが、多くなります。



文節区切りの線


実際に、「対面」した方、どうですか?

こんな現象、ありませんか?
……声、響くでしょ(笑)。

そう。
これが、
「対面する」
効果……の、ほんの一端。



何かを読んでいても。
岐路に立った時、ふと響いてくる、励ましの声も。

「ああ、あの顔の人が、あの雰囲気でしゃべっているんだ」
と思うと、多分、安心感がある。

行動を、批判されているわけではないし、「正されている」わけでもない。

幸せを、「自分自身であること」を、とても応援されている。
あの声、あの姿で……。

これが、「会う」効果。
妄想や想像が、等身大の「現実」に変わる効果。

しかもそれは、妄想や想像ではなく、現実。
現実だから、きちんと実在の実感をもって、そこから先に続いてゆくもの。



「対面して」、そして、Web. WORKSHOP で進む。
「お会いすること」と、「自分で黙々ワークすること」。

この2者の、どちらの利点も、交互かつ相乗で生かす。
そうすることで、時間という限りある資源も、最大限大切にできます。



文節区切りの線


ONSA WORKSHOP は、いろいろな事情を抱えた方々が、ご受講されています。

地方在住の方。
お子さんを抱えた方。
キャリアチェンジの、さいちゅうの方。
困難な状況から、今まさに、脱出中の方。
闘病しながら、ご参加の方……。

みな、それぞれの環境の中、それぞれのペースで、大切な、自分自身の人生を回復中です。


急激な変化が必要な方も、いらっしゃる。
おそらくこちらが、多数派でしょう。

ゆっくりの変化を欲している方も、いらっしゃる。
その方が、うまくゆく方だって、いらっしゃいます。

この2つの間に、優劣はありません。
どちらでも、自分に合っている方がいい。

自分のペースが、自分でわかっていれば、それでいい。

そして、わからなくなったら……。
それは、大きな転機かもしれませんよ。



だから、こんなふうにお伝えしておきます。

「声が薄くなったら」、ぜひ、いらっしゃってみてください。

「おお、そろそろ、声が欲しいな」
と、なったら。
それって、転機のサインかもしれません。

「今進めるところまで、消化しつくしてしまった」
そういう現象かも、しれませんし。



あなたご自身の、タイミングを信じて。
心の声を、たくさん聞いて、今日も1日。

今日も、応援しています。

それでは、また!

| ONSA WORKSHOP についての詳しい情報は、以下のリンク先にまとまっております。 必要とされる方の、ご参考になりますように。
| ONSA は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズを代表作とする、文筆業・藤沢優月のオフィス。
「ONSA」には、「響き合い、調和し合う」という意味が込められています。
| 当ブログに集ってくださる皆さまは、みな「お仲間さん」です。
本記事は、ONSA WORKSHOP にご参加の「お仲間さん」ならびに、困難な状況から脱出の道を歩んでいる「お仲間さん」に向けて、書き下ろさせていただいております。
「お仲間さん」の皆さまと、日々共に歩ませていただいておりますため、内容に熱がこもりますことを、お許しいただきたく思います。
あなた様の大切な時間・人生のためにも、本記事が役立ちますように。

TO TOP