「お仲間さん」、おつかれさまでした! 一緒に、年末年始を駆けました。

ONSA WORKSHOP_18
「お仲間さん」、おつかれさまでした! 一緒に、年末年始を駆けました。

2018年2月6日 11:45ONSA WORKSHOP_18

バナー
こんにちは、藤沢優月です。

あらためまして、2月という時間が、今この瞬間も、どんどん過ぎてゆきます。
それゆえ、このメッセージを通じて、年末年始を駆け抜けた「お仲間さん」を、ねぎらわせてください。

「年またぎ」の ONSA Web. WORKSHOP(ウェブ・ワークショップ)をご一緒させていただいた「お仲間さん」。
アップダウンの激しい時間、本当に全員が、よく粘りましたよね。

心から、お疲れ様でした。
またひとつ、自分自身に「しがみつき」ましたね。


文節区切りの線


どんな状況でも、できれば、できるだけ、自分を見失わない。
あるいは、たとえ一瞬、見失っても。転んだりもがいたりしながら、自分自身の中心であり重心のある場所に、戻ってこられる……。

これは、すごいことですね。


「私は今、どうしたい?」

その時折々で、この根源的な問いに、答えが出せるからこそ。
「あなたの」人生について、重要な決断をすることが、可能になります。

そして、その重要な決断とは、実は、小さくてささいな決断の連続ですよね。


折々の状況で、もちろん、答えは違う。
でも、1つずつが「数ミクロン」ほどの決断でも、連続すると、いつしか山をも動かす。
大きなうねりとなって、静かに、人生を動かしてゆく。


だから、真剣に自分に向き合うことは、やめられませんよね。
そうでなかった時を、思い出せないほど。いったんこの感覚を知ってしまったら、自分を放っておくことは、もはや、できないはずです。



文節区切りの線


あなたの人生の主役は、あなた。
その座を、誰かに明け渡してはいられない。


あらためまして、「年またぎ」をご一緒した「お仲間さん」。
本当に、おつかれさまでした!

たくさん、山ほど、自分の味方になってあげられた、勇敢な時間でした。
そのことを、いちばんよく実感で知っているのは、多分、あなたご自身ですね。


| ONSA WORKSHOP についての詳しい情報は、以下のリンク先にまとまっております。 必要とされる方の、ご参考になりますように。
| ONSA は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズを代表作とする、文筆業・藤沢優月のオフィス。
「ONSA」には、「響き合い、調和し合う」という意味が込められています。
| 当ブログに集ってくださる皆さまは、みな「お仲間さん」です。
中でも本記事は、ONSA WORKSHOP にご参加の「お仲間さん」ならびに、困難な状況の中で、孤独に苦しんでいらっしゃる方・状況から脱出の道を一歩ずつ歩んでいる「お仲間さん」に向けて、書き下ろさせていただいております。
ONSA では、そんな「お仲間さん」の皆さまと、日々共に歩ませていただいておりますため、内容に大変熱がこもりますことを、どうぞお許しいただきたく思います。
そして、この記事をご一読くださった、あなた様の大切な時間・人生のためにも、本記事が役立ちますように。
「お仲間さん」として、いつでも、当ブログにいらっしゃってください。

TO TOP