一歩ずつ、確実に。具体的に、解決してゆきましょうね。

ONSA WORKSHOP_18
一歩ずつ、確実に。具体的に、解決してゆきましょうね。

2018年6月13日 10:00ONSA WORKSHOP_18

バナー
おはようございます、藤沢優月です。

6月も、あっという間に、折り返し付近の時間ですね。

紫陽花の花が、時間を美しく彩っています。
お変わりなくお過ごしですか?

文節区切りの線


ONSA WORKSHOP をつうじて、つながっている「お仲間さん」。
今日も、歩みを拝見しています。


これは、世間の優しさや善意を足蹴にしたり、背を向けたりという意味ではなく……。
そうではなくて、まず第一に、私自身が体験者の立場であり、その次に、援助者の立場になってみて。
そうして、つくづく実感することです。


親から虐げられて、子どもが育つ。
本来、あって当然の状態とは、真逆な状態が起こっている。

その状態の、「本当のところ」の実感や、ひどさ。
実際のところ、起こっていたであろう、むごい事実。

世の中への信頼や、
「生きることは根本的に、安全である」
という感覚が、徹底的に破壊されること。

その結果、世の中への信頼のもやい綱が、ぷっつりと切れたまま、まるで漂流したような感覚のまま、生きざるを得ない苦しみ……。

その本当のところは、体験した人でないとわからない。
不安定さの根深さも、恐怖や、不安の深さも。



「なんで、そんなことで、悩んでいるの?」
「親への不満なんて、大なり小なり、誰にでも起こること」
では、ないですよね。

きちんとした知識にもとづいて、よくよく、自身の歴史を掘り下げてゆけば……。
「原因」と「結果」が、きっちり符合することに、自分でも気づける。


そうです。
それは、あなたが悪くて、起こっていることじゃない。


文節区切りの線


6月11日(月)から、自分の歴史堀りをスタートした、新しい「お仲間さん」。
そして多分、おっかなびっくり、次のコースに「プレ申込」してくださった、これからお会いする「お仲間さん」。

そしてそして……。
今この瞬間も、ご自身と向き合い続けている、たくさんの「お仲間さん」。



体験者だからこそ、あなたのお力になれること、本当に嬉しいです。

その、とても孤独な世界から、一緒に脱出しましょう。
できます、大丈夫。


歩くのは、あなたの足です。
理由は、その方が実は、とってもいいから。


そして、その道を歩いて、あなたが、自分への自信と信頼を取り戻してゆくために。
私の経験と、蓄積した知識を総動員して、今日「今ここ」この瞬間も、サポートいたしますね。


それでは、また!


| ONSA WORKSHOP についての詳しい情報は、以下のリンク先にまとまっております。 必要とされる方の、ご参考になりますように。
| ONSA は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズを代表作とする、文筆業・藤沢優月のオフィス。
「ONSA」には、「響き合い、調和し合う」という意味が込められています。
| 当ブログに集ってくださる皆さまは、みな「お仲間さん」です。
中でも本記事は、ONSA WORKSHOP にご参加の「お仲間さん」ならびに、困難な状況の中で、孤独に苦しんでいらっしゃる方・状況から脱出の道を一歩ずつ歩んでいる「お仲間さん」に向けて、書き下ろさせていただいております。
ONSA では、そんな「お仲間さん」の皆さまと、日々共に歩ませていただいておりますため、内容に大変熱がこもりますことを、どうぞお許しいただきたく思います。
そして、この記事をご一読くださった、あなた様の大切な時間・人生のためにも、本記事が役立ちますように。
「お仲間さん」として、いつでも、当ブログにいらっしゃってください。

TO TOP