ONSA WORKSHOP(対面式)夏開催。ワークショップ・クラス2週目、おつかれさまでした!

ONSA WORKSHOP_18
ONSA WORKSHOP(対面式)夏開催。ワークショップ・クラス2週目、おつかれさまでした!

2018年7月3日 12:30ONSA WORKSHOP_18

バナー
こんにちは、藤沢優月です。

「おつかれさまでした」
「本当に」


その言葉しか、見当たりません。
ONSA WORKSHOP(対面式)夏開催。ワークショップ・クラス2週目が、無事完了となりました。

遠くから近くから、お越し下さったお客様。
本当に、お疲れ様でした。


文節区切りの線


ONSA WORKSHOP(対面式)、夏の陣。
ワークショップ・クラス2週目となった週末は、精神的に、とてもハードルの高いテーマが並びました。

 「感情」……心と向き合う
 「変容」……変化変容と向き合う


ご参加された皆さま。
大変な、勇気でした!


文節区切りの線


たくさんの、見えないトラップ(罠)に気づいて、そして飛んだ、とびきり勇敢な週末でした。

あの会場に、いらっしゃった方なら。
この言葉の意味を、実感として、ありありと思い出せるに違いありません。


しっかりした知識と、それに加えて、体験……。「ワークショップ」とは、「体験型学習」という意味です。
会場まで、身体を運んできて、学習を「対面」で行った意味は、とても大きいのです。


もし、そうしなければ。
そもそも、そのトラップ(罠)が「ある」「存在する」ということすら、気づかないままだったかもしれない。

そうして、あなたの大切な時間を、いたずらに、失うことになっていたかもしれない。



文節区切りの線


たくさん、山ほど、学びました。
きっと、消化に時間がかかります。


でも、大丈夫。

咀嚼して、消化して……。
それが、「自分の一部」になる頃には、確実に、見える景色が変わっている。

もっと、強くなれている。



本当に、おつかれさまでした。
まずは、ゆっくりお休みくださいね。

| ONSA WORKSHOP についての詳しい情報は、以下のリンク先にまとまっております。 必要とされる方の、ご参考になりますように。
| ONSA は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズを代表作とする、文筆業・藤沢優月のオフィス。
「ONSA」には、「響き合い、調和し合う」という意味が込められています。
| 当ブログに集ってくださる皆さまは、みな「お仲間さん」です。
中でも本記事は、ONSA WORKSHOP にご参加の「お仲間さん」ならびに、困難な状況の中で、孤独に苦しんでいらっしゃる方・状況から脱出の道を一歩ずつ歩んでいる「お仲間さん」に向けて、書き下ろさせていただいております。
ONSA では、そんな「お仲間さん」の皆さまと、日々共に歩ませていただいておりますため、内容に大変熱がこもりますことを、どうぞお許しいただきたく思います。
そして、この記事をご一読くださった、あなた様の大切な時間・人生のためにも、本記事が役立ちますように。
「お仲間さん」として、いつでも、当ブログにいらっしゃってください。

TO TOP