大切な「お仲間さん」。豪雨被害、心からお見舞いを申し上げます

日々是好日_2018
大切な「お仲間さん」。豪雨被害、心からお見舞いを申し上げます

2018年7月9日 11:30日々是好日_2018

ONSA サイト・画像

こんにちは、藤沢優月です。
どのように言葉をおかけしてよいか、言葉が見つからない気持ちです。

ONSA WORKSHOP を通じて、あるいは、書籍や『夢かな手帳』を通じて。
あるいは、ブログやいろいろなご縁を通じてつながっている、大切な「お仲間さん」。
このたびの豪雨被害、心からお見舞いを申し上げます。


文節区切りの線


被災地域の地名をチェックするたびに、
「荷物の配達不能地域が、増えている」
「ここには、○○様が住んでいる」
と、いくつものお顔がうかびます。

そしてきっと、お名前を存じ上げないけれども、本や仕事を通じてつながっている「お仲間さん」も、たくさんお住いのことと存じます。

弊社スタッフの実家も、被災地域の中にありまして、今朝ほど、被害の大きさの一端を、教えてもらいました。
まだまだ、報道の手が回らないほど、現地の爪痕が大きい気配が、ひしひしと伝わって参ります。


とても心配していますと、お伝えさせてください。
これから、さらなる雨も予想されていますので、とても心配しています。

あなたご自身も、あなたの大切な方も、どうぞご無事でありますように。

私たちにできることを考えながら、今はまずは、心配していますというメッセージを、届けさせてください。


とても不安で、とてもお疲れのことと思います。
ですがまずは、身体あってのこと。

体調だけは、くれぐれも、お大事になさってください。
どうぞ、くれぐれも。

心から、お見舞いを申し上げます。



TO TOP