ONSA WORKSHOP。ひとつずつの点が、線としてつながってゆきます

ONSA WORKSHOP_18
ONSA WORKSHOP。ひとつずつの点が、線としてつながってゆきます

2018年7月25日 18:00ONSA WORKSHOP_18

バナー
こんにちは、藤沢優月です。

気づけば、来週から8月がスタート。
1年のはじめに、あれだけ、時間を大切に使おうと決めていた2018年も、こうやって、刻々と時が過ぎてゆきます。


どんな時間を、お過ごしですか?

文節区切りの線


近況報告から、スタートさせてください。
多分その方が、メッセージの意図も、しっかり伝わると思いますし。


最近の私はと申しますと、毎日、何かしら泣いたり、笑ったりしながら過ごしています。

喜怒哀楽の多い生活をしている……という意味ではなく。
そうではなくて、新しいことを学びながら、心に問いながら、自分の心と、なるべく対話するようにしています。


この17年間、ONSA WORKSHOP を主催しております。

そして、その場を質のよいものにし続けるためには、何より、自分自身が勉強せざるを得ない。
すると、自分自身と向き合い続けることから、必然的に、おりることができない。


よく、こんなことを考えます。
「この計らいによって、私の人生が、どれだけ豊かにされていることだろう」
と。


文節区切りの線


心を凍らせたまま、「感じないように」「見ない」「聞かない」で、ただ毎日をやり過ごす……。

そんな時間は、
「ただ、時間という、物理的なものが過ぎていった」
そんな時間の実感に、なるかもしれない。


そんな時間を送ったことが、多々あります。
心を閉じて、感情を凍らせないと、生き抜けない事情があったからです。


そして、そんな時間を振り返ると……。

仕方がなかったこととはいえ、自分自身のかけがえのない宝ものを、みずからの手で、焼き捨てるようなことをしなければ、生き抜いてゆけなかった。
そのことに、涙が流れます。

できるなら、あの時間を、返してほしい。



文節区切りの線


だからこそ、こうも思うのです。

「今ここ」目のまえにある時間を、もう二度と、あんなふうにしたくない。
何をしていたのかすら、記憶に残らないようなやり方で、もう二度と、生きたくない。

生きているのか、死んでいるのかもわからない時間は、これ以上嫌。



むなしくて、悲しくて、実体がなくて、空虚で。
ただ、カレンダーだけが、進んでゆく時間。

そんな時間を、「もういい!」というほど、経験したからこそ。
今日も、泣いたり笑ったり、悔やんだり落ち込んだりしながら、必死で「生きて」います。


「私が」「私の」人生を、生きている。

不器用でも、失敗しても、転んでも、「生きている」。

そのことが、たとえば「どこに行った」とか「何を買った」ということ以上に、とても大事なことであると、今の私には感じられます。


文節区切りの線


ひるがえって、ONSA WORKSHOP に集ってくださっている「お仲間さん」。

ONSA WORKSHOP(対面式)夏開催が、ひと段落し、Web. WORKSHOP(ウェブ・ワークショップ)の中でも、日々気づきが生まれています。
それぞれの「お仲間さん」が、今のご自身に必要な、気づきの局面にいらっしゃいます。


泣いたり笑ったり、完全に行き詰ったり、大きな変化の局面にいたり……。


そして、とても大事なことですが、みな、自分の時間を「生きている」。

勇気を出して、心で感じて、「生きている」。



「私は、大丈夫」
「問題なんてなくて、こんなにすぐに、よくなった」
「ほら、こんなに『できる』から大丈夫!」

ONSA WORKSHOP という、安全な場の中では、そんなふうに「演技する」必要がないと、わかってきた。


文節区切りの線


大切な、人生の時間。
ありのままの自分という感覚が、実感としてわからないまま、一生「演技」の時間で終わってしまうなんて、苦しすぎる。

それって一体、「あなた」は、どこにいることになるの?


自分と向き合い、自分を感じながら、生きること。
それは、とてつもなく尊くて、そして、想像する以上の勇気が必要。

気づきと失敗、涙と、自分が「無力だ」と感じる感覚。
この束を、何度もくぐり抜けて、しだいに、自分の輪郭がはっきりしてくる感覚……。

この感覚を「生きる」ことは、あなたご自身にしか、できないことではないでしょうか。




今日も、おつかれさまです。

そして、いつも伴走しています。

| ONSA WORKSHOP についての詳しい情報は、以下のリンク先にまとまっております。 必要とされる方の、ご参考になりますように。
| ONSA は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズを代表作とする、文筆業・藤沢優月のオフィス。
「ONSA」には、「響き合い、調和し合う」という意味が込められています。
| 当ブログに集ってくださる皆さまは、みな「お仲間さん」です。
中でも本記事は、ONSA WORKSHOP にご参加の「お仲間さん」ならびに、困難な状況の中で、孤独に苦しんでいらっしゃる方・状況から脱出の道を一歩ずつ歩んでいる「お仲間さん」に向けて、書き下ろさせていただいております。
ONSA では、そんな「お仲間さん」の皆さまと、日々共に歩ませていただいておりますため、内容に大変熱がこもりますことを、どうぞお許しいただきたく思います。
そして、この記事をご一読くださった、あなた様の大切な時間・人生のためにも、本記事が役立ちますように。
「お仲間さん」として、いつでも、当ブログにいらっしゃってください。

TO TOP