この秋も、「自分」を優しく育てます。ONSA WORKSHOP(対面式)秋開催。もうすぐ、お会いしましょう!

ONSA WORKSHOP_18
この秋も、「自分」を優しく育てます。ONSA WORKSHOP(対面式)秋開催。もうすぐ、お会いしましょう!

2018年7月31日 16:00ONSA WORKSHOP_18

バナー
こんにちは、藤沢優月です。

明日から8月がスタートなんて、なんだか、信じられませんね。
8月が終われば、2018年の時間も、3分の2が完了。

どんな時間を、お過ごしですか?
夏バテしていませんか?


文節区切りの線


「ひとりぼっち」
「孤独」
「この苦しさを、誰も分かってくれない」

そんな気持ちに、押しつぶされてしまいそうになりながら、長い長い時間を過ごされてきた、「お仲間さん」たち。

でも今は、ご自身の人生を「回復」させるべく、一歩一歩、ご自身と向き合われています。




そう。
けっきょくは、本当に、シンプルなことですね。


誰かに、人生を背負ってもらうことは、できない。
人生を代わってもらうこともできないし、相手に、変わってもらうことも、できない。

(日本語って、時に、深いですね)

この人生は、「私が」生きねばならない。


文節区切りの線


そして、こちらの方が、もっと肯定的で、希望のある見方ですが……。

自分で、自分の人生を創っていったほうが、幸せ。
安全。

もう、あんなに引き裂かれた気持ちになることから、自分が、自分を守ってあげられる。
自分の心や、自分の尊厳を、みずからの手で、守ってあげられる。

ご自身を、自分の手で、
「あなたの優しさや情を利用した、搾取」
から、ちゃんと脱出させてあげて。

それは、あなた以外には、誰にもできないことだから。


あるいは、あなたが本当に、心から、欲しかったもの。
味わいたかった感覚。

それを今度は、自分自身で、与えてあげられるようになる。
誰かがある日、気まぐれに「ポイ」と与えてくれるのを、ただじっと、待つのではなく。

自分の人生の豊かさを、自分の手で、築いてゆくのです。
そんな大切なことを、気まぐれで不安定で、あてにならない「誰か」の手に、委ねてはいけない。


はじめは、難しいように感じてしまうかもしれないけれど、大丈夫。
練習すれば、できるようになる。



文節区切りの線


夏の盛り、7月から8月に、移り変わってゆく時間。

秋のことを考えるのは、まだ少し、早いかもしれませんが……。


「いつか」ではなくて、「この秋」。

もっと、人生を立て直してゆこう。

「今ここ」も、未来も、安全なものにしてゆこう。

……この2つは、けっきょく、同じことなのですけれどね。


自分を、もっともっと誇りに、思えるようになっていよう。
笑顔がはじける、秋にしましょうね。



それでは、また。

ONSA WORKSHOP(対面式)秋開催は、本日7月31日(火)いっぱいで、申込終了です。
もうすぐ、お会いしましょう。



| ONSA WORKSHOP についての詳しい情報は、以下のリンク先にまとまっております。 必要とされる方の、ご参考になりますように。
| ONSA は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズを代表作とする、文筆業・藤沢優月のオフィス。
「ONSA」には、「響き合い、調和し合う」という意味が込められています。
| 当ブログに集ってくださる皆さまは、みな「お仲間さん」です。
中でも本記事は、ONSA WORKSHOP にご参加の「お仲間さん」ならびに、困難な状況の中で、孤独に苦しんでいらっしゃる方・状況から脱出の道を一歩ずつ歩んでいる「お仲間さん」に向けて、書き下ろさせていただいております。
ONSA では、そんな「お仲間さん」の皆さまと、日々共に歩ませていただいておりますため、内容に大変熱がこもりますことを、どうぞお許しいただきたく思います。
そして、この記事をご一読くださった、あなた様の大切な時間・人生のためにも、本記事が役立ちますように。
「お仲間さん」として、いつでも、当ブログにいらっしゃってください。

TO TOP