日々の積み重ね。そして「その時間を、一気に走れるのだろうか」という、幸福な疑問。

ONSA WORKSHOP_18
日々の積み重ね。そして「その時間を、一気に走れるのだろうか」という、幸福な疑問。

2018年8月9日 11:15ONSA WORKSHOP_18

バナー
こんにちは、藤沢優月です。

時は「お盆前」という、季節の折り返しの頃。
皆さまきっと、慌ただしくお過ごしではないでしょうか。


ONSA(弊社)も、行事いろいろです。
そして ONSA WORKSHOP には、新しい「お仲間さん」が、続々エントリー中です。
(ようこそ!)

きっと、未来の時間が気になる、タイミングなのでしょうね。
時間の向こうに、2019年の影が、ちらちらと見えてきました。


文節区切りの線


何か、大きな問題を解決する時。

そんな時こそ、
「毎日、まずは1つずつ」
「目のまえの、1つに集中」

です。

こんな感覚であり、習慣が、とても大事になります。

つまりは、
「ぐるぐる思い悩むより、まずは、1こ『やる』」
「1度にひとつだけ、行動してみる」

これですね。

このサイクルが、うまくいっていると、問題は次第に、小さくなってゆきます。


目のまえの「今週の課題」に、必死に取り組んでいるうちに……。ONSA WORKSHOP にご参加の「お仲間さん」の問題が、いつのまにか、しだいに、小さくなってきている。

「目のまえの、まずは、1つ」
こんな、ありきたりなことを続けているうちに、問題が1つずつ、片付いてきたでしょ?


これは、時間であり習慣の働きを、うまく利用しているから。


問題が小さくなってゆくたびに、とても自信になります。

そして、考えてみれば当たりまえのことだけれど、このプロセスを
「1回で」
「一気に」
何とかしようなんて、無理ですよね。

そのプレッシャーだけで、重みに潰れてしまいます。


なぜなら、「問題を解決してゆくこと」以外に、あなたには、ご自身の日常生活を回すという「お仕事」も、あるわけですから。



文節区切りの線


日々の積み重ねによって、しだいに、積み重なる力。

もちろん、肯定的な文脈でですが……。
気づかぬうちに、すごい蓄積になっていますね。


そして、
「その時間を、一気に走れるのだろうか」
と問うた時。
答えはもちろん、「ノー」です。



文節区切りの線


「今ここ、この瞬間」も、コツコツ歩んでいる「お仲間さん」。
そして、ドキドキしながら、エントリーしてくださった「お仲間さん」。

そしてそして、今この瞬間にも、
「どうしよう」
と迷っていらっしゃる、「お仲間さん」。


時間の積み重なりの力を、賢く借りて。
もちろん、ONSA WORKSHOP の知識の集積の力も借りて、困難な状況を、着々と脱出しましょう。


未来を、自分の手で、作ってゆくのです。


あなたの中に、力があるから大丈夫。
今日も、
「まずは、目のまえの、ひとつ」
で、参りましょう。


| ONSA WORKSHOP についての詳しい情報は、以下のリンク先にまとまっております。 必要とされる方の、ご参考になりますように。
| ONSA は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズを代表作とする、文筆業・藤沢優月のオフィス。
「ONSA」には、「響き合い、調和し合う」という意味が込められています。
| 当ブログに集ってくださる皆さまは、みな「お仲間さん」です。
中でも本記事は、ONSA WORKSHOP にご参加の「お仲間さん」ならびに、困難な状況の中で、孤独に苦しんでいらっしゃる方・状況から脱出の道を一歩ずつ歩んでいる「お仲間さん」に向けて、書き下ろさせていただいております。
ONSA では、そんな「お仲間さん」の皆さまと、日々共に歩ませていただいておりますため、内容に大変熱がこもりますことを、どうぞお許しいただきたく思います。
そして、この記事をご一読くださった、あなた様の大切な時間・人生のためにも、本記事が役立ちますように。
「お仲間さん」として、いつでも、当ブログにいらっしゃってください。

TO TOP