自分の手で、自分を発見してゆく喜び。結果にも、道のりにも、大きな意味がある

ONSA WORKSHOP_18
自分の手で、自分を発見してゆく喜び。結果にも、道のりにも、大きな意味がある

2018年11月18日 10:00ONSA WORKSHOP_18

バナー
こんにちは、藤沢優月です。

突然ではございますが、ONSA WORKSHOP というワークショップを開催し続けて、17年。
集う皆さまの変化変容を、日々見守らせていただいております。

そんな中で、感じることがあります。

「変わってゆくことって、楽しくないですか?」

文節区切りの線


こんなたとえを、させてください。

ことのスタートはきっと、こんな感じ。

「認めたくないけれど、人生、どんづまり」
「他の人は、あんなにうまくいっている(ように見える)のに」

「なんで、私だけ、こんななの?」
「不公平!」

「貧乏くじじゃない、この人生!」
「なんなのよ!」


おそらく、こんな気持ちで、ONSA WORKSHOP のドアをくぐってくださる「お仲間さん」。

かつての体験者である私には、たぶん、痛いほど、気持ちがわかる気がします。


でも……。
もし、こんなんだったら、どうだろう。

富士山の頂上に、一気に行ける、ヘリコプターみたいなのがあって。

「一瞬で、頂上に連れていってあげますよ」
「もう、別世界です」

「ほら。頂上ですよ」
「今からあなたは、一瞬で、違う人生です」

「おめでとうございます!」
「希望どおりですね」

「だって、『こんな人生、いや!』『今すぐ、別の人生に変えて!』って、言ったじゃないですか」
「望み通りに、して差し上げました」


そんなふうに、言われたら。
そんな状況が、ほんとうに、起こったなら……。


本当に本当に、満足?
何より、それって本当に、あなたの人生?


その人生に、愛着が持てる?
満足する?


文節区切りの線


ターニングポイントの、真っ暗闇の時間の中。

まさに当事者だった私は、なんどもなんども、祈りました。
全身に満ちた怒りを、丸ごと投げつけるようにして。


「なんで、こんなに不公平なのよ!」
「今すぐ、私の人生を、丸ごと取り替えてよ!」

「こんなの、いやだ!」
「別の人生に、変わりたい!!」


そう祈るほど、ただただ、苦しかった。
でも、その祈りはけっきょく、実現しなかった。



冷静な目で、今だからこそ、見返すことができます。

富士山の頂上に、いきなり、ヘリコプターでワープさせられて。
私は本当に、それで、満足しただろうか。


もし「ほんとうに」、それが起こったなら……。

私はたぶん、

「やっぱり、戻して!」
「頂上を、自分で体験できるように、この体験を消去して!」

「こんなふうに、乱暴に、かなえられたかったわけじゃない」
「私は、『自分で』味わいたかった!」

「これじゃあぜんぜん、『私の』人生じゃない!」
「けっきょく『誰かが』、私の人生を勝手に、どうにかするんじゃない」

「それじゃあ、今までと同じだよ」
「今度こそ、『私の』人生を、返して!」


そんなふうに、懇願するんじゃないだろうか。

たとえ、1回目は、8合目までしか登れなくて、引き返してきたとしても。
次の年の夏は、頂上近くでへばって、泣く泣くあきらめたとしても。


そうやって、自分の足でチャレンジして、ついに頂上に立って……。

そうして見た、すべての景色。

一面の星空の、特別なまたたき。
夜空と、朝焼け。

向こうから昇ってくる、太陽。
暗闇が、光に変わってゆく様子。

そこまでの道のり。
努力や、想い。

自分で決めて、投下した、すべての時間……。


そういったものが、全部まとまって、
「私の人生」
という、豊かな時間を作る。

同じ景色なのに、きっとそれは特別で、愛着に満ちたものに、変わってゆく。
「私の」景色に、変わってゆく。

目のまえの現実は、きっと、私の心の「あらわれ」だから。



文節区切りの線


変化のさいちゅうは、苦しい。
どこまで行っても、先が見えない感じがする。


でも同時に、楽しい。
それはきっと、あなた自身が、あなたの人生と、向き合っているからなのですね。

やっと、……やっと。
「あなたの人生」を、その所有者である、あなたご自身の手に、取り戻してきたからなのですね。


それでは、また。

| ONSA WORKSHOP についての詳しい情報は、以下のリンク先にまとまっております。 必要とされる方の、ご参考になりますように。
| ONSA は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズを代表作とする、文筆業・藤沢優月のオフィス。
「ONSA」には、「響き合い、調和し合う」という意味が込められています。
| 当ブログに集ってくださる皆さまは、みな「お仲間さん」です。
中でも本記事は、ONSA WORKSHOP にご参加の「お仲間さん」ならびに、困難な状況の中で、孤独に苦しんでいらっしゃる方・状況から脱出の道を一歩ずつ歩んでいる「お仲間さん」に向けて、書き下ろさせていただいております。
ONSA では、そんな「お仲間さん」の皆さまと、日々共に歩ませていただいておりますため、内容に大変熱がこもりますことを、どうぞお許しいただきたく思います。
そして、この記事をご一読くださった、あなた様の大切な時間・人生のためにも、本記事が役立ちますように。
「お仲間さん」として、いつでも、当ブログにいらっしゃってください。

TO TOP