ONSA WORKSHOP(対面式)、春の「だいだい会」。開催決定しております

ONSA WORKSHOP_19
ONSA WORKSHOP(対面式)、春の「だいだい会」。開催決定しております

2019年1月9日 11:30ONSA WORKSHOP_19

ONSA WORKSHOP バナー・画像

こんにちは、藤沢優月です。
1月らしく、寒さがぐっと深まっておりますね。

そんな中、ONSA WORKSHOP(対面式)、「春の大準備&大勉強会」。
通称、「春のだいだい会」にお申し込みいただき、ありがとうございます。

申込人数の関係で、開催自体は、決定いたしました。

会場は、おそらく「日本橋」となります。
こちらも、人数をにらみつつ、決まり次第すみやかに、ご連絡を申し上げます。

あとは、申込締切期限が参りますまで、今しばらくお待ちくださいね。

期限前に、人数の関係で、募集が締め切られてしまう可能性もあります。
ご参加ご希望の方は、お早めのご検討を、お願いいたします。


文節区切りの線


「知ること」って、とても大事です。

それゆえ、2019年は、ますます、呼びかけたいのですが……。
ぜひ、ONSA WORKSHOP(対面式)に、お越しになってみてください。

私は、経験者(今の皆さま側の立場だったことがある)ですし、今でも、地方在住。
ですから、たとえばですが、交通費等の都合、本当によくわかります。

でもね……と、みずからの経験からも、言わせてください。


「対面」で知れることの、情報量の量と質。
それは、「対面しないこと」には、比べられない。


こんなに IT の発展した今でも、ビジネスの基本は
「対面」
と言われるのは、きっと、そのため。
この理屈と同じく、まさに、全身の細胞で吸収する勢いで、糧になります。


加えて、もう1点。

言われてみれば、「あたりまえ」の事実かもしれません。
ですが、日々ネットで膨大な情報が行き来している中で、「あたりまえ」のように、見落とされているかも。
あるいは、ネットですべて知れるように、無意識レベルの先入観があるかも。


顔と顔を付き合わせて、安全な空間の中でしか、言わない質の情報があります。
もっと言えば、そうやってしか、「言えない」情報がある。


隠しているわけでは、ない。
そうではなく、世の中は、そういうものでしょ?


最先端の、まだ一般論として受け入れられていない研究内容は、常に、現場にある。
足を使って、取りにいった人だけが、触れられる情報です。


その情報が、本になるまで。あるいは、文字になるまで。
そういう形で分け合えるようになるまでには、何年も何年も、かかる。

これ、普通ですね。
そうやっている間にも、時間って、どんどん進むのです。


安全な環境の中。
顔と顔を付き合わせて、信頼関係の中でしか、分け合えない情報。

そのような情報を、安全を前提として、しっかりお出ししているからこそ……。
ONSA WORKSHOP(対面式)で、同じコースに何度も参加される方がいらっしゃるのは、その実
「同じ」
ではないから。



文節区切りの線


研究も、日進月歩。
みんなの日常も、びゅんびゅん進む。

だから、ONSA WORKSHOP(対面式)の現場では、常に最新の情報を共有することを、意識しています。
「進む」と感じるのは、こういう仕組みになっているから。



時間の貴重さを、誰よりも理解している一人だと思っているからこそ。
いちばん無駄にできないのは、あなたの人生の時間だと思っています。

さあ、この気迫で。
この春も、早々に、しっかりアクセルを踏み込みましょうね。

1年ずつ、一回ずつ。
確実に、状況に目が開かれて、対処ができてきているから、大丈夫です。

(すばらしい!)

それでは、また。

| ONSA WORKSHOP についての詳しい情報は、以下のリンク先にまとまっております。 必要とされる方の、ご参考になりますように。
| ONSA は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズを代表作とする、文筆業・藤沢優月のオフィス。
「ONSA」には、「響き合い、調和し合う」という意味が込められています。
| 当ブログに集ってくださる皆さまは、みな「お仲間さん」です。
中でも本記事は、ONSA WORKSHOP にご参加の「お仲間さん」ならびに、困難な状況の中で、孤独に苦しんでいらっしゃる方・状況から脱出の道を一歩ずつ歩んでいる「お仲間さん」に向けて、書き下ろさせていただいております。
ONSA では、そんな「お仲間さん」の皆さまと、日々共に歩ませていただいておりますため、内容に大変熱がこもりますことを、どうぞお許しいただきたく思います。
そして、この記事をご一読くださった、あなた様の大切な時間・人生のためにも、本記事が役立ちますように。
「お仲間さん」として、いつでも、当ブログにいらっしゃってください。

TO TOP