ONSA WORKSHOP | その「がんばりやさん」は、自分のために使って。

ONSA WORKSHOP 2019
ONSA WORKSHOP | その「がんばりやさん」は、自分のために使って。

2019年2月26日 10:15ONSA WORKSHOP 2019

ONSA WORKSHOP バナー・画像

こんにちは
「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。

もし、あなたが、「がんばりやさん」だとしたら……。

……いや。

書き出しが、適切でないかもしれません。
なぜなら、がんばりやさんの方は、自分が「がんばりやさん」だとは、思っていないことが多いものだから。

むしろ、
「周りの人に比べて、私の努力は足りない」
「まだまだ」
自分を責めて、「もっともっと」と駆り立てていることが多い。

仕事を、抱え込みすぎたり。
プライベートを犠牲にして……というか、「プライベート」という言葉も、なくなっていたり。


ONSA WORKSHOP に、ご縁をいただく「がんばりやさん」の皆さま。

「ある日、すーっと涙が流れた」
「あっ、自分まずいかも、と感じた」
「特に、何が大きなことがあったわけでも、なかった」
「多分、『もう限界だよ』っていう、自分からのサインだったんですね」


弊社(ONSA)のサポートにたどり着かれて、しばらく経って、落ち着かれてから。
こんなふうに、ぽつりとおっしゃる方が多いです。

それぞれ、ご自分の言葉で。


ひと安心して、いろんなことが整理整頓されてからでないと、気づけないほど蓄積した、「がんばり」。

だから、私からは、こんな言葉をお伝えしたいです。
(私もまた、「がんばりやさん」チームメンバーですから)


その「がんばり」。
ぜひ、自分のために使ってください。

あなたの人生です。



誰にでも、その人の時間って、与えられている。

あなたが、めんどうをみている(かもしれない)その人の時間は、その人の所有。
あなたの責任のように感じてしまったり、思い込まされているように感じていても、そうではない。
その人の、責任。


あなたの時間は、あなたのもの。
そして、あなたが責任を持つのは、こっち。

あなたご自身のための、人生。

あなたの時間……人生を、とびきり素晴らしくするために。
その「がんばり」は、ぜひ、使ってくださいね。

あなた、ご自身のために。



それでは、また。

| ONSA は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズを代表作とする、文筆業・藤沢優月のオフィス。
「ONSA」には、「響き合い、調和し合う」という意味が込められています。
| 当ブログに集ってくださる皆さまは、みな「お仲間さん」です。
本記事は、ONSA WORKSHOP にご参加の「お仲間さん」ならびに、困難な状況から脱出の道を歩んでいる「お仲間さん」に向けて、書き下ろさせていただいております。
「お仲間さん」の皆さまと、日々共に歩ませていただいておりますため、内容に熱がこもりますことを、お許しいただきたく思います。
あなた様の大切な時間・人生のためにも、本記事が役立ちますように。

TO TOP