ONSA WORKSHOP | 自分を肯定することは、自分にしかできない

こんにちは
「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。

ONSA WORKSHOP に、
「はじめまして」
「ようこそ」
そう、お声をかけたくなる「お仲間さん」が、続々合流していらっしゃいました。

本当に、ようこそ。
あなたのお力になりたく、コースをご用意して、お待ちしていましたよ。


文節区切りの線


さいしょの一歩を踏み出すのって、すごく、勇気がいりますね。

向き合ってみる。
のぞいてみる。
うすうす、感ずるところがあったコトの、フタをあけてみる……。

何が出てくるのか、なんとなく、察しはつく。
それでも、直面するのは、とても勇気が必要。



でも、……と言いたいです。

そのまま、ずっとあなただけが、ガマンしたままで。あなたの時間や、人生の犠牲の上に、成り立っている何か。
それをそのまま、続けてゆく方が、ずっと苦しくないですか?


そして、大丈夫。
自分を認めて、自分を肯定すると、奇跡が起きます。


そうに、決まっています。

だって、あなたが、いちばん認めてほしかった人。
その人が、あなたの気持ちや存在、苦しさを認め、肯定するのですから。

誰かを最優先にして、自分をいつも後にするのではなく、いちばんに、自分を見てほしかった。
自分自身に。



本当に、ようこそ。
その道は、私何度も通りましたから、たぶん、道案内ができると思うのです。

歩くのは、あなた。
でも、伴走者がいた方がいいと思うので、お手伝いしますね。

ひとりぼっちじゃなく、一緒にゆきましょう。


それでは、また。

| ONSA は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズを代表作とする、文筆業・藤沢優月のオフィス。「ONSA」には、「響き合い、調和し合う」という意味が込められています。
当ブログに集ってくださる皆さまは、みな「お仲間さん」です。あなた様の大切な時間・人生のために、本記事が少しでも、役立ちますように。
| 情報、こちらから受け取れます