ONSA WORKSHOP | ひとつずつ、解決してゆくのが、とても好き。

ONSA WORKSHOP_19
ONSA WORKSHOP | ひとつずつ、解決してゆくのが、とても好き。

2019年4月17日 16:15ONSA WORKSHOP_19

ONSA WORKSHOP バナー・画像

こんにちは
「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。

桜もピークを過ぎ、季節が刻々と、移ってゆきますね。





突然ですが、ひとつずつ解決してゆくのが、とても好きです。


以前。
……自分にいったい、何が起こっているのか、さっぱり理解できなかったころ。

何に、どう巻き込まれて、こうなっているのか。
あまりに、すべてが雑然とし過ぎて、何もかもが、わからない。

まるで、何かの罰みたいに、カオスに投げ込まれた感じ。
私にとっては、物心ついた時から、そうだった。


でも、もう少し成長すると、気づいてきます。
「同じように見えた」同級生や周りの人は、実は、そうじゃないんだと。

彼女たちは、刻々、自分の人生を作ってゆく。
私は、そうじゃない。
なぜか、うまくできない。


「そうか」
「これは、『カルマ』というやつかもしれない」
「私が何か、悪いことをしたのかもしれない」
ますます、私への決定的なペナルティのように、感じたりしていました。


でも、そもそも、そんなことではなかったんだ……と、気づきます。
学んでゆくごとに、理解が深まって、視野も広がってゆく。


世界が、整理整頓されて、感じられてくる。
……私の世界を、整理整頓しはじめたのは、実際は、私なのですけれどね。


文節区切りの線


最初の、どうしようもないカオスの状態を、なんとか乗り越えて。

ひとつずつ、根気づよく、自分に起こったことを、整理してゆく。
心も、整理する。
現実も、整理整頓してゆく。



そもそも論として、なんで「私に」、こんなことが起こったのか……。
それは、わからない。
私は宗教家でもないし、哲学家でもないから。

でも、これだけは確か。


私は、ひとつずつ、整理整頓してゆくのが好き。

だって、現実が、どんどん安全になる。
「幸せ」ということが、どんなことなのか、わかってくる。

不安や、不安定や、破壊が、一歩ずつ遠ざかってゆく。
自分で、選べるようになってゆく。……自分の、人生を。

自分の手で、ひとつずつ解決していったものだから、なくならない。
それが、もう二度と失うつもりのない、最高の安心。


人生って、ごまかしごまかし、なんとか生きてゆけると思っていたより、ずっと長い時間。
想定よりも、案外、長いですよね。

だから、
「整理整頓に手をつけるなら、1日でも早く」

苦しみを、いたずらに長引かせても、もったいない。
日々を、なんとかやり過ごしている、その力。
その力は、ものごとを解決してゆく力にも、変えられるから。


同じ境遇に、心がふさがっている人へ。
これが、いつも、伝えたいことです。

| ONSA WORKSHOP についての詳しい情報は、以下のリンク先にまとまっております。 必要とされる方の、ご参考になりますように。
| ONSA は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズを代表作とする、文筆業・藤沢優月のオフィス。
「ONSA」には、「響き合い、調和し合う」という意味が込められています。
| 当ブログに集ってくださる皆さまは、みな「お仲間さん」です。
本記事は、ONSA WORKSHOP にご参加の「お仲間さん」ならびに、困難な状況から脱出の道を歩んでいる「お仲間さん」に向けて、書き下ろさせていただいております。
「お仲間さん」の皆さまと、日々共に歩ませていただいておりますため、内容に熱がこもりますことを、お許しいただきたく思います。
あなた様の大切な時間・人生のためにも、本記事が役立ちますように。

TO TOP