ONSA WORKSHOP | あなたには、奇跡を起こす力がある。それは、自分の人生にだけ働く力

こんにちは
「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。

決して、表からは見えないところで。
今この瞬間も、ONSA WORKSHOP のプログラムが、進行しております。

文節区切りの線


ただいまは、ONSA WORKSHOP(対面式)夏開催の、開催期間。
そして、追加募集中です。
今からでも、この船に乗れますよ。



そして実際、船の席が、どんどん埋まってきております。

そうだそうだ。
やるのとやらないのとでは、「やった後悔」の方が、ずっといい。

いや……。
「後悔」と書きましたが、発見のないチャレンジは、ない。

チャレンジしてみると、必ずといっていいほど、次の道が開ける。
でも、一歩を踏み出さないと、永遠に0センチ。



たくさんの「お仲間さん」の歩みを拝見していて、思います。

本気で、夢中で、たった3年。
3年で、驚くほど人生での立ち位置が、変わります。

まずは1年で、体感する現実が、すごく変わる。
そして、最初の1ヶ月や3ヶ月で、見える景色が、ぜんぜん変わってくる。


これは、多くの「お仲間さん」をお迎えしての、私の率直な感想です。


私いま、「たった3年」と書きました。

正直、3年という時間は、「たった3年」ではないです。
でも、胸に手を当ててほしい。

その我慢、その辛抱。
「自分さえ、ほんのすこし、我慢すれば」
そうやっていったい、何十年の月日が、たった? 
その何十年はきっと、どの瞬間も永遠にも思えるほど、先の見えない時間であったに、違いありません。



「でも、もう遅い」
「こんなに、生きてしまった」
そうやって、「今さら」と躊躇する気持ちは、体験者であるからこそ、よくわかる。

だから、たった1ヶ月、たった3ヶ月。
そして、たった1年や3年。
信じられないほどの本気で、毎週、毎日。自分の本気に、応えてゆく。


そうして3年後……。

ふと気づけば、まったく違う景色の場所に、立っている自分に気づく。
あの日には、想像すらできなかったほどの、「自分の場所」に。



文節区切りの線


あなたの境遇が、気の毒だから、サポートを提供しているわけではない。

あなたには、実は、ものすごい力がある。

あなたの幸せを、本気で発見してゆく力。
あなたを待っている人たちや、待っている場所に、出会ってゆく力。


その力の奇跡を、私も見たいから。
あなたの奇跡の、目撃者になりたいから、ONSA WORKSHOP を開催し続けています。


ONSA WORKSHOP(対面式)夏開催。
追加募集の船には、もう少し、乗れそうですよ。

ぜひ、お待ちしています。

それでは、また。

| ONSA は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズを代表作とする、文筆業・藤沢優月のオフィス。
「ONSA」には、「響き合い、調和し合う」という意味が込められています。
| 当ブログに集ってくださる皆さまは、みな「お仲間さん」です。
本記事は、ONSA WORKSHOP にご参加の「お仲間さん」ならびに、困難な状況から脱出の道を歩んでいる「お仲間さん」に向けて、書き下ろさせていただいております。
「お仲間さん」の皆さまと、日々共に歩ませていただいておりますため、内容に熱がこもりますことを、お許しいただきたく思います。
あなた様の大切な時間・人生のためにも、本記事が役立ちますように。