ONSA WORKSHOP |「ボーナスクラス」は消滅。夏開催、混雑しております

こんにちは
「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。

今年度「おはじめて」、ONSA WORKSHOP(対面式)にご参加のお仲間さんにとっては、なじみのない単語かもしれません。
(本当に、ようこそ!)

ONSA WORKSHOP には、「あるある」的な謎伝統と申しますか、謎伝説が、いくつかあります。
そのひとつが、「ボーナスクラス」。

不思議と、なぜか。
いつも、ぽっかりと参加人数の少ない、まるでボーナスみたいなクラスが出現。


他のクラスは、混み合うというぐらい、混み合っている。
でも、そのクラスだけ、嘘みたいに参加人数が少ない。

そんなクラスが、1開催につき、なぜか1つ発生する……。
そのような、謎伝統がありました。


ところが、この謎伝統も、令和のはじまりとともに、いよいよ消滅。
2019年の ONSA WORKSHOP(対面式)夏開催は、どのクラスも、すでに混み合っております。

「解決したい!」
そんな意思を、強く感じます。

解決するために、開催しています。

一気に魔法のように、困難全消滅……というのは、無理です。
そして、それは多分、ご参加の誰も、期待していないでしょう。

その代わり、ひとつずつ。
ひとつずつのテーマについて、一段階ずつ、確実に潰して、解決して参りましょう。


文節区切りの線


お一人お一人の情報は、すでにインプット済み。

ワークショップは、いわゆる「治療」ではない。
ですので、私の側から強制したり、何かを押しつけたりすることはないのですが、
「こうしたら、きっと、短距離ですよ」
そんな意見を、私なりに、まとめてあります。


「あっ、私その船に、乗りたいんだけれど!」

そんな「お仲間さん」は、ぜひぜひ、どうぞ。
それぞれ、お席が少なくなってきていますので、お早めを、お勧めいたします。



6月に入ると、なんと、ONSA WOROSKHOP(対面式)秋開催の申込が、スタートいたします。
冬を越えると、いよいよ、オリンピックイヤー。

毎瞬ごと、毎週ごとに、悔いない時間を過ごしましょう。
時間はいつでも、「今」しか、存在しないですから。


それでは、また。


| ONSA は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズを代表作とする、文筆業・藤沢優月のオフィス。「ONSA」には、「響き合い、調和し合う」という意味が込められています。
当ブログに集ってくださる皆さまは、みな「お仲間さん」です。あなた様の大切な時間・人生のために、本記事が少しでも、役立ちますように。
| 情報、こちらから受け取れます