ONSA WORKSHOP |「ひとりじゃないよ」 とても大事な、第一原則

こんにちは
「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。


ずっとずっと、自分でも、謎に思っていることがあります。

すごい矛盾が、起こっていると思いませんか?


「過去の自分と、向き合う」
「過去の自分を、癒してゆく」

その谷間を越えるのは、とっても難儀。
いくつもの、見たくなかったことと、直面することになるから。


そして、ここが、最大の矛盾点だと思う。

見たくないからといって、「見ない」にしていると……。

人生が、どんどん脱線してゆく。
あなただけが、苦しくなってゆく。

びっくりするほど、人生の「表面」のほうが、どんどんおかしくなってゆく。
内面なんて、とっくの昔に、苦しかった。



だから、その苦しさから、自分を脱せさせてあげるには。勇気を出して、「直面」という谷間を、いくつも越えてゆかなければならない。

いくつも、いくつも。
文字通り、いくつも。


そんなこと、一人きりでは、できっこない。
心が、参ってしまう。



だからなのですね、きっと。

「ひとりじゃないよ」
「それは、一人ですることでは、ないよ」

こんなことが、言い継がれているのは。



それでは、また。


| ONSA は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズを代表作とする、文筆業・藤沢優月のオフィス。「ONSA」には、「響き合い、調和し合う」という意味が込められています。
当ブログに集ってくださる皆さまは、みな「お仲間さん」です。あなた様の大切な時間・人生のために、本記事が少しでも、役立ちますように。
| 情報、こちらから受け取れます