ONSA WORKSHOP | ワークショップ・クラス2週目、無事終了です。おつかれさまでした!

おはようございます。
「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。

6月最後の週末、ONSA WORKSHOP(対面式)夏開催の、ワークショップ・クラスが開催となりました。

ご参加「お仲間さん」。
遠くから近くから、お越し下さり、ありがとうございました。
熱い週末となりましたね。

また、第1週目の週末にご参加の「お仲間さん」。
疲れがやっと、落ち着いてきた頃と思います。

本当に、皆さま、おつかれさまでした。

文節区切りの線


どの方にも、心からおかけしたい声が。
それは、
「じゅうぶん、素晴らしい」
この声。


ワークショップに、限ったことだけではなく。
何かを学んだ後って、こんなふうに感じることが、多いと思うのです。

「私は、まだまだ、足りない」

英語でも、ダンスでも、スポーツでも……。
これは、何かを学んだ後に、必ず出てくる、正常な反応。

それを、
「私は、ダメなのだ」
と、取り違えないようにしたいですね。



頭でわかっていても、つい、取り違えてしまいがちになる。

だから、こうやって確認して、何度でも、取り違えないようにしたい。

あなたは、じゅうぶん。
じゅうぶん、素晴らしい。



それでは、また。
疲れの出るころ、身体をゆっくり休ませることが、できますように。

| ONSA は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズを代表作とする、文筆業・藤沢優月のオフィス。「ONSA」には、「響き合い、調和し合う」という意味が込められています。
当ブログに集ってくださる皆さまは、みな「お仲間さん」です。あなた様の大切な時間・人生のために、本記事が少しでも、役立ちますように。
| 情報、こちらから受け取れます