ONSA WORSHOP | 対面式秋開催。この秋も、「ひとりじゃないよ」

こんにちは
「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。

このあいだ、夏のコースのワークショップ・クラスが終わったと思ったら、もう秋のお話。
ONSA WORKSHOP(対面式)秋開催。

6コースとも全部、開催決定しております。

本日いっぱいで、募集の締切となります。

文節区切りの線


体験者として、よく思うのですが……。
(私、同じ体験者です)

たった一歩……いえ、半歩の勇気って、いろんなことを変える。

さんざん、しんどい思いをしてきた。
そんな時、前に進む元気も勇気も、出ないことがある。

一人で孤立していた時、私は、まさにそうでした。


自分を責める声が、頭にぐるぐると響く。
その声に、がんじがらめになって、恐怖でフリーズ。
一歩も、進めない。

そのまま、時間がどんどん経ってゆく……。

そんな日々の、繰り返し。



読んでいるぶんには、「ふーん」と思うかもしれない。
でも、実際これを経験すると、恐怖しかない。


文節区切りの線


孤立しないことって、すごく大事だと思う。

でも、一人きりで、ふんばってがんばってきたからこそ、
「孤立しない」
ということが、とても高いハードルかもしれない。


でも、その一歩を踏み出せた時、絶対に、何かが変わる。

いちばん変わるのは、自分がもう持っている力に、気づけるようになること。
自分の力を、自分が、使えるようになること。

……自分のために。



文節区切りの線


あなたが、もう持っている力を、引き出すために……。
ONSA WORKSHOP が、全力でご協力しますね。

なぜなら、その孤独感や、恐怖感。
気持ちが、とてもよくわかるから。


心の緊張や、怯え。
それをほどいても、大丈夫、生きてゆける。

安心して、リラックスして生きても、人生は崩壊しない。
その喜びを、共有したい。


「もっともっと、がんばらなければいけない」
「そうすれば、幸せになれるだろう」
その誤解とこんがらがりを、一緒に、といてゆこう。


「あなたは、もう、じゅうぶん」
「力も、じゅうぶん持っている」

ひとりじゃなければ、その力を、違うふうに使える。
自分の人生を、きちんと作ってゆくために、力を使ってゆけるから。



この秋も、一緒にワークしましょう。
それでは、また!


| ONSA は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズを代表作とする、文筆業・藤沢優月のオフィス。
「ONSA」には、「響き合い、調和し合う」という意味が込められています。
| 当ブログに集ってくださる皆さまは、みな「お仲間さん」です。
本記事は、ONSA WORKSHOP にご参加の「お仲間さん」ならびに、困難な状況から脱出の道を歩んでいる「お仲間さん」に向けて、書き下ろさせていただいております。
「お仲間さん」の皆さまと、日々共に歩ませていただいておりますため、内容に熱がこもりますことを、お許しいただきたく思います。
あなた様の大切な時間・人生のためにも、本記事が役立ちますように。