ONSA WORKSHOP | 誰も代わることができない、私たちの人生[1]

「時間」と「心」というテーマに、魅せられています。
藤沢優月です。

ONSA WORKSHOP(対面式)秋開催の追加募集締切が、もうすぐ。
そんな中、ワークショップ自体は、今日も粛々と行われています。


道を歩きながら、よく考えます。

「本当に、誰にも、代わってもらえないんだよなあ」
と。

ONSA WORKSHOP では、いわゆる「機能不全家族」という現象を、扱っています。
「機能不全家族」なんていう、難解な言葉を使いましたが、なんということはない。


いうなれば、こんなことなのです。

– 自分の「がまん」で、周りが成り立っている
– 人生ってなぜか、がんばりの連続だった。今でもそう
– なぜだろう、実家を頼れない/実家でくつろげる人の気持ちが、わからない
– 人への緊張や不安が、多分とても強いように思う
– 「私なんて、幸せになる資格がない」と、どこか感じている

こんなこと。

これ、解決したい。
なぜなら、ちゃんと解決するから。


この状態で日々を生きるのって、正直、しんどいよね。


だから、
「このままでは、いやだ」
と思ったら、行動の一歩を、踏み出してみる。



文節区切りの線


道を歩きながら、いろいろな人を眺めて、想います。

この状態、自然に解消してゆくということが、ない。
誰かがやってきて、魔法のように解決してくれることも、ない。

何かの出会いで、劇的に解消することも、ない。

それどころか、ONSA WORKSHOP でご縁をいただくみんなが、口を揃えて言います。

「時間を追うごと、誰かに期待するたびに、ひどくなっていった」
と。

だから、解決しよう。
根本解決です。

ONSA WORKSHOP で、お待ちしています。

1日でも、早いうちに、とりかかろう。
なぜなら、私たちの人生は、自分以外、誰も代わることができないから。



そして今日も、代わることのできない人生のために、歩んでいる「お仲間さん」。

気持ち、とてもわかります。
だから、今日も一緒にいますね。


| ONSA は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズを代表作とする、文筆業・藤沢優月のオフィス。「ONSA」には、「響き合い、調和し合う」という意味が込められています。
当ブログに集ってくださる皆さまは、みな「お仲間さん」です。あなた様の大切な時間・人生のために、本記事が少しでも、役立ちますように。
| 情報、こちらから受け取れます