ONSA WORKSHOP | 準備ができていれば、大丈夫。自分の中の力が、使えるから

「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。

「とうてい、乗り切ってゆけない」
そんなふうに、気が遠くなってしまうような状況。


でも、そんなことは、ない。
キーワードは、「ひとつずつ」。

文節区切りの線


自分の中にある力は、信用できる。

大変な時代で、あればあるほど、信用に足りるのは、自分の中の力。
だって、自分だけが最後まで、自分を見捨てないから。



ONSA WORKSHOP で、「自分の中にある力」を鍛えて……。
今日も、自分の人生と向き合っている、「お仲間さん」。

そんな「お仲間さん」を拝見していると、気づくことがあります。

まず、最初の1年がだいたい、基礎的な準備期間となる。
その後2年ぐらいかけて、じっくりと、自分の中をのぞきこむ。

そうして、3年目。

わりと大きな、人生決断をされる方が、多いように思います。
そうやって、どんどん、人生を変えてゆく。



準備期間って、大事です。
それは、いわば、醸造であり発酵の期間。

混乱と心細さから、安全と安心の中へ。
自分を、ちゃんと連れ出してあげる……そんな準備の期間。



そうやって刻々、幸せをましてゆく姿に伴走するのは、とても嬉しい。
本当に、あなたにも、できたでしょ?

さあ、今日も、ワークしましょうか。


「気になっている」あなたのエントリーも、お待ちしています。

そうやって飛び込んで、誰もが、道を切り拓いてきた。
だから、大丈夫。



| ONSA は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズを代表作とする、文筆業・藤沢優月のオフィス。「ONSA」には、「響き合い、調和し合う」という意味が込められています。
当ブログに集ってくださる皆さまは、みな「お仲間さん」です。あなた様の大切な時間・人生のために、本記事が少しでも、役立ちますように。
| 情報、こちらから受け取れます