ONSA WORKSHOP | ひとつずつ、一歩ずつ。その歩みは、自分の歩み

「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。


子どもの頃、大人って、自動的になれると、思っていませんでしたか?

私は、無邪気にも、そんなふうに信じ込んでいました。
年齢が上がれば、なんとなく自動的に、いろいろ、できるようになってゆくのだろうなあ……みたいに。


でも、そんなことは、なかった。

自分で、一歩ずつ、歩みを作ってゆく。
作ってゆくことで、できてゆく。

「作ってゆく」ということが、ポイントだったのだ。



なんとなく「そうなってゆく」とか、
「誰かがそうしてくれる」
「年齢や経験が、そうしてくれる」
みたいに、ぼんやり思っていた私。

「コツコツ、作ってゆく」ことの威力を、日々、感じています。

しっかりした土台が、できてゆくから、人生が安全になる。


文節区切りの線


「作ってゆく」ことは、時には、急勾配なこともある。
ものすごく、上り坂がきつい。

だから、かんじんの時の、合言葉があります。

それは、
「『今ここ』なら、背負える」
……という言葉。


まずは、「今ここ」目のまえ、ひとつ。
一気に、考えすぎない。


その「今ここ」が終わったら、次の「今ここ」。


自分の手元に残るのは、そうやって作った、「今ここ」の連続だけ。

自分で作ったものだから、自分のもの。
なくなってしまわない。

そして、そうそう簡単に、人にくれてやるわけには、ゆかない。

その歩みには、あなたの時間・エネルギー・資源がつまっている。
つまり、人生が詰まっている。



文節区切りの線


ONSA WORKSHOP、ただいまは、いろいろな流れの交叉する地点。


ONSA WORKSHOP(対面式)秋開催の、ワークショップ・クラス。
1週目が完了して、この週末は、2週目が行われます。

ONSA Web. WORKSHOP(ウェブ・ワークショップ)、WEB-04の各コースが、無事完了。
先ほど、ご参加の皆さまのご感想(PAY FORWARD)を、ご紹介させていただきました。

ほか、ONSA WORKSHOP(対面式)冬開催も、絶賛募集中。
人数が、かなり埋まっており、すでに開催決定です。


みんな、ひとつずつ、一歩ずつ。
自分の道を、見つめ続けています。




先週末も、この週末も。
そして、Web でがんばっている「お仲間さん」も。

本当に、Good Job です。
とても、共感です。

そして、ONSA WORKSHOP(対面式)秋開催、ワークショップ・クラス2週目にお越しの「お仲間さん」。

もうすぐ、お会いしましょう。
しっかりした地盤の人生を、またひとつ、作ってゆこう。


| ONSA は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズを代表作とする、文筆業・藤沢優月のオフィス。「ONSA」には、「響き合い、調和し合う」という意味が込められています。
当ブログに集ってくださる皆さまは、みな「お仲間さん」です。あなた様の大切な時間・人生のために、本記事が少しでも、役立ちますように。
| 情報、こちらから受け取れます