『未来日記』復刻 DIARY |[12]「大丈夫です。権利は、生きています」

書籍:未来日記
『未来日記』復刻 DIARY |[12]「大丈夫です。権利は、生きています」

2018年3月16日 10:00書籍:未来日記

ONSA サイト・画像

「『未来日記』復刻 DIARY」として、連続でお届けしています。
はじめからご覧になりたい方は、上記リンクか、当ページ下記事一覧より遷移してご覧ください。

ドキドキして待った、弁護士事務所からのメール連絡。
書籍『未来日記』の、管財を担当した、弁護士事務所からです。

心臓が、脈打ちます。
おそるおそる、メールを開封してみると……。

「版権は、誰かが持っていったという形跡はありません」
「それゆえ、状況的に、書籍『未来日記』の版権は、放棄されていると見ていいと思います」

……版権が、放棄されている?



画像


頭の中で、何度も、言葉を整理します。


版権が放棄されているということは、どういうことだろう。
それはつまり、誰もこの版権を、「自分のものです!」と、主張していないということ?


念のため、弁護士事務所に、再度問い合わせます。

「それは、著者の私が、版権を行使しても、問題のない状況だということでしょうか」
「法的には、問題がないと思います。つまり、状況的には、その行為で、誰の権利も侵害しないと思われます」



画像


……ということは。


やった!!!


書籍『未来日記』を、印刷する権利。
その権利が、誰かの元に行ってしまっているわけではない。

その本に、現状のところ、いちばんの権利を持つ私。
その私が版権を取って、本を印刷して、読者に手渡しても、状況的に問題がない!!



こんなことが分かったのも、プロの仕事のおかげ。
国家資格を持つプロが、泥臭く、書類をひっくり返してくださったおかげです。

倉庫に行って、書類の詰まったダンボルールをあけて、状況を確認してくださった弁護士さん。
今でも、本当に、感謝申し上げています。

(ちなみに、弁護士さんへのお礼は、書籍『未来日記』(2刷)の奥付に、ご本人のご了承をいただいた上で、掲載させていただいています。)


文節区切りの線


そして、実は、ヒーローはまだまだいます。

1冊の本が、あなたの元に届くこと。
それは本来、奇跡の輪の連続。


奇跡の輪の連鎖は、まだまだ続きます。


画像
【 復刻完了いたしました 】
| 復刻版『未来日記』のお買い求めは、ONSA Yukkuri Store にて承っております。
ONSA Yukkuri Store より、復刻版の新品をお買い求めいただけます。

- 書籍 復刻版『未来日記』書誌ページ
- 書籍 復刻版『未来日記』購入ページ


TO TOP