『未来日記』復刻 DIARY |[14]あれっ!? こんなところに、つながりが……。

書籍:未来日記
『未来日記』復刻 DIARY |[14]あれっ!? こんなところに、つながりが……。

2018年3月23日 10:00書籍:未来日記

ONSA サイト・画像

「『未来日記』復刻 DIARY」として、連続でお届けしています。
はじめからご覧になりたい方は、上記リンクか、当ページ下記事一覧より遷移してご覧ください。


版権は、確保できた。
でも、印刷データがない。

……よく考えてみれば、印刷データって、ふつうは、どこにあるのだろう。



印刷データ。
それは、その本がヒットして、再版重版がかかると、とたんに必要になるもの。

印刷データは、宝です。
なぜなら、もしその本が、ふたたび刷られることになった時。
印刷データがなければ、いちから本を、作り直さないといけなくなるから。


つまり、著者はもう一度、原稿を書かなければならない。
イラストレーターは、もう一度、同じイラストを。
デザイナーは再度、まったく同じ作業を……。

これでは、意味がない。
だから通常、印刷データは、出版社あるいは印刷会社が保管しているはず。


画像


ですが、何度も言っているように、書籍『未来日記』の場合は、出版社がもうない。
当然、印刷データの行方も、分からない。



そんなことを、考えている時。
ふと……本当に、ふと。

パラパラと、『未来日記』の奥付を、めくってみました。
奥付とは、本のいちばん後ろにある、さまざまな具体情報が書き連ねてあるページです。



すると、……あれ!?

何これ?
見覚えがある!!



そこには、すっかり見慣れた、印刷会社の名前が。

「日経印刷株式会社?」
「ええっ?!」
「……『夢かな手帳』の印刷を、担当している会社じゃない!?」



画像


心臓が、ドキドキしてきました。

万一のことが、あるかもしれない。
奇跡が、起こるかもしれない!


あるいは、万一のことがなくても、何か情報が、わかるかもしれない。


それにはまず、相談だ!!
……というわけで、電話です。

誰に、電話をする?
とある人に、電話をします。


日経印刷株式会社の中で、『夢かな手帳』の印刷を担当している方を、紹介してもらうために。
印刷会社の人にアクセスできれば、何か、分かるかもしれないから。


そのために、まず、誰に電話をするのか。

すっかりおなじみ、私たちの隠れヒーロー。
『夢かな手帳』シリーズの担当編集者、千葉さんにです。


画像

【 復刻完了いたしました 】
| 復刻版『未来日記』のお買い求めは、ONSA Yukkuri Store にて承っております。
ONSA Yukkuri Store より、復刻版の新品をお買い求めいただけます。

- 書籍 復刻版『未来日記』書誌ページ
- 書籍 復刻版『未来日記』購入ページ


TO TOP