『未来日記』復刻 DIARY |[15]印刷データの有無を、おしらせします

書籍:未来日記
『未来日記』復刻 DIARY |[15]印刷データの有無を、おしらせします

2018年3月27日 10:00書籍:未来日記

ONSA サイト・画像

「『未来日記』復刻 DIARY」として、連続でお届けしています。
はじめからご覧になりたい方は、上記リンクか、当ページ下記事一覧より遷移してご覧ください。

書籍『未来日記』を印刷してくれた、印刷会社。
それは実は、『夢かな手帳』を印刷している印刷会社と、同じだった!

なんということだ!
もうこれは、奇跡的な縁。



画像


「千葉さん!!」

『夢かな手帳』編集者の千葉さんに、さっそく、電話をかけます。
こと細かに、今までの経緯と、事情を説明すると……。

「わかりました。読者にとってよいことですから、印刷会社も、『ダメだ』とは言わないと思います」
「担当を、紹介しますね」


印刷データさがしの、いちるの望みをかけて。
『夢かな手帳』担当編集者の千葉さんに、日経印刷株式会社の『夢かな手帳』担当者を、ご紹介いただきます。



画像


『夢かな手帳』印刷の、現在の担当者は、井上さん。

ちなみに、初代は、上野さん。
2代目は、遠藤さん。……その年の『夢かな手帳』が仕上がって、みんなで打ち上げをしたのが、本当に楽しい思い出です。

そうして、3代目の方がいらっしゃって、今は井上さん。
小柄で、しっかりさばさばとした、年下の女性です。


紹介していただいた、井上さんのメールアドレスに、さっそくメールをしてみます。

「印刷会社で、何年も前の書籍のデータを保管していないことは、普通の状態だと理解しています」
「ですが、うっかり何らかの理由で、……たとえば当時の担当者のメール添付等で、データが残っていることはないでしょうか」



自分で、問い合わせのメールを書いておきながら、身が縮む思いなのですが……。

考えてみれば、これまた、めんどくさい用件。
私は、めんどくさい客です。


弁護士さんの時と、同じ。
依頼されたほうは、自分にはあまり関係のないことなのに、めんどうなこと、この上ない。


そんな状況の中、井上さんが、早々に返事をくださいました。

「少しお時間をいただけますか? ちょっと調べてみます」
「もちろんです! 待ちます!」


画像


何度も言ってしまいますが、そもそも、何年も前のデータが残っていないことのほうが、通常フロー。
安全のため、セキュリティのためにも、データは定期的に、クリーンにしますよね。

それゆえ、心臓をドキドキしながら、待ちます。
そして、ここで「ありません」と言われれば、もう、腹をくくるしかない。

「どうやって、版を作ろうか」
「やはり、自費出版しかないか……」


そして、数日後……。
井上さんから、メール連絡がありました。

「書籍『未来日記』の印刷データについて、ご回答を申し上げます」


画像

【 復刻完了いたしました 】
| 復刻版『未来日記』のお買い求めは、ONSA Yukkuri Store にて承っております。
ONSA Yukkuri Store より、復刻版の新品をお買い求めいただけます。

- 書籍 復刻版『未来日記』書誌ページ
- 書籍 復刻版『未来日記』購入ページ


TO TOP