『未来日記』復刻 DIARY |[18]書籍『未来日記』に、新しい命が吹き込まれます

書籍:未来日記
『未来日記』復刻 DIARY |[18]書籍『未来日記』に、新しい命が吹き込まれます

2018年4月6日 10:00書籍:未来日記

ONSA サイト・画像

「『未来日記』復刻 DIARY」として、連続でお届けしています。
はじめからご覧になりたい方は、上記リンクか、当ページ下記事一覧より遷移してご覧ください。


「ISBN って、どうやって取得するの?」
「バーコードって、必要!?」

本の仕事をしていても、知らないことが、山ほどですね。

こんな時は……もちろん、自分でも調べます。
ですが、実用的なこととなりますと、やはり、現場経験が必要。


かくして、こうなります。

「千葉さん!!」

重ねて、プロの経験とは、すごいものです。
そして、人と人とのつながりも。



画像


答えを先に言ってしまいますと、日本 ISBN 協会に問い合わせてみました。

すると、おもしろいものですね。
世の中のしくみを知ることは、なにごとも、とても興味深い。

「書籍流通する本は、できれば ISBN とバーコードがついていてほしいです」
「でも、それは『絶対』というでは、ないのです」
「バーコードがついていないと、『流通させることができない』わけではないです」
「ですが、書店さんが手間ですね」

そうか。
バーコードの存在は、サービス的な側面が強いのですね。


画像


ちなみに、新しく知ったことがあります。
それは、ISBN をつける権利は、年度更新だということ。

バーコードをつける権利を得ることは、出版社にとって、毎年発生する固定費になる。



知らなかった!!

……ということは、私の本を流通させておくために、出版社は毎年、固定費を払ってくれているということになる。
なんと、ありがたいことでしょう。


そして、復刻版『未来日記』は、一般流通させる計画は、ない。
ひたすら弊社(ONSA)のサイトを使って、必要な人に、お分けするシステム。

このような理由から、復刻版『未来日記』には、ISBN もバーコードいらない。
ですが、普通に書籍として成立します。



画像


さあ、あらためて。
過去のバーコードと ISBN は、印刷データから取ってもらいました。

その代わりに、新しく改定した価格と、弊社のロゴを入れてもらいます。


ロゴを入れるということは、責任重大。
印刷物に、弊社(ONSA)が「責任を持ちます」という、証。

いよいよ、印刷となります。
書籍『未来日記」が、モノとして、ふたたび息を吹き込まれるのです。



画像

【 復刻完了いたしました 】
| 復刻版『未来日記』のお買い求めは、ONSA Yukkuri Store にて承っております。
ONSA Yukkuri Store より、復刻版の新品をお買い求めいただけます。

- 書籍 復刻版『未来日記』書誌ページ
- 書籍 復刻版『未来日記』購入ページ


TO TOP