『書くことは、夢をかなえること』| 気に入ってくれて、ありがとうございます。ナイスリアクション

こんにちは、藤沢優月です。

発売から、1か月と少々。
新刊『書くことは、夢をかなえること』、おかげさまで好評です!

皆さまのお手元に、お届けできて、嬉しいです。
なぜなら……。





フフフ。
泣いたでしょ。

わかってるんですよ。いろいろ、伝わってきます(笑)。


「『あっ、これはやばい。今(外で)読んだらダメ』って思った」
という、リアクションの方。

あるいは、
「あー、なんで私のことが、わかるの!?」
という方。

嬉しいリアクション、ありがとうございます。
本望です。
みんなでがんばった甲斐が、ありました。



| とてつもなく時間がかかる、ワークページ


| 組んでくれたデザイナー様に、感謝です


泣くって、いいですよね。

涙が、ふと、あふれるということ。
それは、心のとても深い部分の自分と、共鳴しているということ。

本当は、「知っている」はずのこと。
でも、ふだんは日常の時間の中で、迷子になってしまっている、望みや想い。
「こう生きたい」という、切なる願い。

そういう感触と、ふと触れた時。
別の言葉で言えば、
「知っているはずで、でも、忘れてしまっていたこと」
を、思い出した時。

そんな時に、涙が流れてくる。
それは、「いい涙」のほうの、涙ですね。



お役に立てて、嬉しいです。
そして、あなただけの「しゃべるペン」とも、仲良くなってくださいね。

ではでは、また!