『夢かな手帳2017』シリーズ | 2月は、静かな時間。でも水面下では、たくさんの活動が起こっています。

こんにちは、藤沢優月です。

ぎゅぎゅっと冷えて、たくさん雪が降って。
寒さがゆるんで、太陽が顔を出す。

そうやって次第に、春が近づいてきますね。
どんな時間をお過ごしですか?



「停滞しているな」と感じる時期は、いつでも、誰にでも、ある。

それはたとえば、ダイエットにたとえれば、分かりやすい。
スポーツにたとえても、もっと分かりやすい。

調子よく結果が出る時もあるし、反対に、何をやっても、何も動かない時もある。

ところが、こんな、停滞のように思える時期。
何も動いていないわけでは、ないですよね。

そういう時ほど、水面下では、たくさんのものごとが動いています。




2月はたとえるなら、そんな時期に似ているかもしれません。

活動をするには、まだ寒すぎ、いっぽうで、1月の華やかさもどこかに行ってしまった。
とても地味な、2月という時間。

でも水面下では、たくさんのことが動いている。
うまく言葉にはあらわせなくとも、確実に。


ちなみに、ちょっと興味深いことを話せば、『夢かな手帳2017』シリーズは9月発売なのに、今でも買っている方がいらっしゃる。
書店さん等から送られてくるデータで、分かるのね。
きっと、何か思うところを感じて、お手に取られていらっしゃるのかと、私自身は感じています。



そう。
何も動かないように感じる時期こそ、実は、とても大切な時期。

あなたが今、手帳の上に積み上げているもの。
それは必ず、まるで花咲くように、動く時期が来る。

しかも、積み重ねたものが分厚ければぶ厚いほど、一気に。


2月という、静かで落ち着いた時間。

まるで、動きが止まったように思えても。
水面下では、静かに、確実に、たくさんのことが動いています。


そんな2月。
あなたが、あなたにとって大切なものと、たくさん向き合えますように。
次に来る、時間のピークの時に、笑顔で笑っていられますように。



お知らせ |
『夢をかなえる人の手帳』シリーズ公認のコンテンツやワークショップを提供しているのは、藤沢優月(著者)が主催する「ONSA」ならびに「ONSA WORKSHOP」のみとなります。
藤沢優月(著者)ならびにディスカヴァー(出版社)は、いかなる個人や団体にも、『夢かな手帳』の名を使用して活動したり、コンテンツを使用させることを公認しておりません。
「夢をかなえる」「手帳」「手帳術」セミナー等の名称を使用する第三者の活動は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズとは一切の関係がございませんので、どうぞご注意ください。
本記事をまとめてご覧になりたい方のために、特設ページもございます |
- 「手帳」特設サイト内
 「ゆめかなニュース」
| 情報、こちらから受け取れます