『夢かな手帳2017』シリーズ | 「そのまま」では、「同じ」に。勇気を出して、一歩だけ前へ。

こんにちは、藤沢優月です。
3月3日ひなまつり、どんな春の時間をお過ごしですか?

時間がぐんぐんと、速度を増してゆく感じがします。

……冬が明け、春の気配が強まるごとに、ちょっと焦ってきた?
もしそうなら、いい兆候かも。

というのも、人はとかく、「いつもの」に流されがちですよね。
慣れた環境というのは、良くも悪くも、一定の安定感を保っています。

「ぜんぜん望み通りではないし、不満だらけだけれど、最悪よりはマシ」

この空気感のまんま、時間が進んでゆくと、
「あっという間に1年が過ぎていました!」
という結末に至るのだな。


だから、いろいろなことが動き出す、春……。

勇気を出して、一歩だけ前へ、望むほうへと進んでみたら素敵。
なぜなら、私たちが「そのまま」「変わらない」では、けっきょく、たどり着く結果も同じになるから。

人は常に、何かを改善したい。
それぞれみんな、自分なりのテーマを持っているし、望みや夢がある。

「このまま、時間が流れ去ってゆくのは、イヤだ!」


もし、そんなふうに感じるところが、あったら。
思い切って、勇気を出せると素敵。


| 3月の時間は、春のエネルギーに満ちています

ところで。
「『夢かな手帳』シリーズ 15周年記念イベント」で、「時間の地図」を引き当てたみんな!

書き込んでいますか?


1ヶ月という時間は、長そうで、あっという間。
いろいろできそうで、でも実は、そうそう大きなことはできない。

そんな中では、
「書かない」
「何となくスルー」
よりも、
「書く!」
という小さな行為ですら、頭ひとつ出てしまう。



文字にした想いは、不思議と、エネルギーを帯電します。

さあ、手元にある「時間の地図」。

大きなことをする必要はないので、ぜひ、書いてみて。
書くごとに、想いがくっきりしてきたら、しめたものです。


| 1冊に1枚ずつ、ついています

ちなみに。
「時間の地図」は『夢かな手帳』15周年記念品として、『夢かな手帳2017』シリーズに、各1枚ずつついています。
これをご覧のあなたも、ぜひ「書く」を試してみてくださいね。


それでは、また!
どうぞ素敵な、3月初旬の時間を。

お知らせ |
『夢をかなえる人の手帳』シリーズ公認のコンテンツやワークショップを提供しているのは、藤沢優月(著者)が主催する「ONSA」ならびに「ONSA WORKSHOP」のみとなります。
藤沢優月(著者)ならびにディスカヴァー(出版社)は、いかなる個人や団体にも、『夢かな手帳』の名を使用して活動したり、コンテンツを使用させることを公認しておりません。
「夢をかなえる」「手帳」「手帳術」セミナー等の名称を使用する第三者の活動は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズとは一切の関係がございませんので、どうぞご注意ください。
本記事をまとめてご覧になりたい方のために、特設ページもございます |
- 「手帳」特設サイト内
 「ゆめかなニュース」
| 情報、こちらから受け取れます