『夢かな手帳2019』シリーズ | 1年の時間を、「最高の親友」みたいに大切にする便利機能

書籍:夢かな手帳2019
『夢かな手帳2019』シリーズ | 1年の時間を、「最高の親友」みたいに大切にする便利機能

2018年8月10日 11:00書籍:夢かな手帳2019

ONSA サイト・画像

こんにちは、藤沢優月です。

ひとつ前の記事で、
『夢かな手帳2019』シリーズ | 2019年版の、新機能。便利機能を追加しました!
なる話題を、お届けしました。


「えーっ、もう使っているの?」
「『夢かな手帳2019』を?」


ずるーい! と思わなくとも、大丈夫です。
もうすぐ、あなたのお手元にも、お届けです。


この機能が、便利に動作するのかどうか。
著者がひと足先に、確かめておきましたよ!

やり方を説明しますので、『夢かな手帳』が手元に届いたら、ぜひ、まねっこしてみてくださいね。

文節区切りの線


まずは、その便利機能。
どういうものかというと、これです。



| それがどういうものかというと、これ。


「年間カレンダー」です。
データ上で見ると、こんな感じ。

「年間カレンダー」は、1年の時間を見渡す上で、とても便利な表。

特に、こうやって「紙一枚」「見開き」で見ると……。
時間の感じが、とっても俯瞰しやすいですね。



| これは、まだ試作段階。In Design のページ指定が入っています



| こちらにも、ページ指定


この「見開き」を、どうするかというと……。

まずは、分かりやすいように、「お休み」を囲ってゆきます。



| 著者の場合は、こんなふうに囲めました


お休みが不規則な方も、いらっしゃるでしょう。

あるいは、
「私は子育てをしているので、お休みがない」
「自営業なので、お休みという概念がない!」
「今は、文字通り『お休み中』です」
こんな皆さまも、いらっしゃるかも。


言いたいことはですね、あなたなりの、時間のリズムが分かればいい。

「緩」「急」「緩」「急」……。
「カン」「キュウ」「カン」「キュウ」……。

こんな時間のリズムが、誰にでもあるはず。
それが、見た目に分かりやすくなれば、それでオッケー。


そこが、ポイント。要点です。



| もう一度、お見せしますね


次は、もうすでに、予定がふさがっているところに、予定を書き込んでゆきます。
「確定」の予定だけでなく、「予定」の予定も書き込んで、オッケー。

すると、
「ここは、もうふさがっているよ」
「ここは、比較的自由度がある」

実際の時間のリズムが、しだいに、明らかになってきます。



手帳をパッと見て、実際に生きる時間のリズムが、想像できたほうがいい。
ラクです。

だって、その時間。
それが目のまえにやってきた時、それを実際、あなたが「生きる」わけですものね。



文節区切りの線


そうやって、時間にリズムを与えた結果……。

著者の、暫定の時間のリズムは、こんな感じになりました。



| 暫定の、最終形です


1年の時間がスタートすれば、どのみち、計画通りになんてゆかない。
時間は、混乱だらけになる。


でも、
「どうせ、計画通りになんて、ゆかない」
「だったら、何をしても、無駄」

そんなふうに、自分の時間……自分自身に背を向けるのは、ちょっと悲しい。


だって、その時間には、
「やってみたいこと」
「かなえたいこと」
「実現したい想い」
そういったものが詰まっているはずだし、詰めるはず。


せっかくです。
自分に与えられた時間と、親友みたいに、仲良くなりたい。

そのための、便利機能のひとつが、「年間カレンダー」。

「パッ」と見て、時間のリズムが、とらえやすいですよ。



『夢かな手帳2019』がお手元に届くまで、あと、約1ヶ月半ほど。
発売は、9月下旬です。

届いたら、ぜひ、試してみてくださいね!

お知らせ |
『夢をかなえる人の手帳』シリーズをもとにした公認のコンテンツやワークショップを提供しているのは、藤沢優月(著者)が主催する「ONSA」ならびに「ONSA WORKSHOP」のみとなります。
藤沢優月(著者)ならびにディスカヴァー(出版社)は、いかなる個人や団体にも、『夢かな手帳』の名を使用して活動したり、コンテンツを使用させることを公認しておりません。
「夢をかなえる」「手帳」「手帳術」セミナー等の名称を使用する第三者の活動は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズとは一切の関係がございませんので、どうぞご注意ください。
本記事をまとめてご覧になりたい方のために、特設ページもございます |
- 「手帳」特設サイト内
 「ゆめかなニュース」

TO TOP