『夢かな手帳2019』シリーズ | 17(いーな)で再確認。いいものは、時を超える

こんにちは
「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。

『夢かな手帳』17(いーな)周年ギフトセール、全52点のラインナップをお知らせしております。

「革製品って、実は、気になっていた」
「あっ、こんなきれいな色がある!」

ご興味のある方、ぜひ、品定めを。




バナー画像 | 「『夢かな手帳』17(いーな)周年ギフトセール」全52点のラインナップ

[ page - 01 ]
『夢かな手帳』17周年記念 「ありがとう」ギフトセール[ item 01-10]
[ page - 02 ]
『夢かな手帳』17周年記念 「ありがとう」ギフトセール[ item 11-20]
[ page - 03 ]
『夢かな手帳』17周年記念 「ありがとう」ギフトセール[ item 21-30]
[ page - 04 ]
『夢かな手帳』17周年記念 「ありがとう」ギフトセール[ item 31-40(+51)]
[ page - 05 ]
『夢かな手帳』17周年記念 「ありがとう」ギフトセール[ item 41-52(-51)]

| 2019年2月20日(水)12:30 ごろから、ギフトセールスタート!
詳しくは、上記リンク内のご説明をごらんください。

ところで……。
こんなこと、思いませんか?

「なんで、初代『夢かな手帳』カバーまで、持っているの?」
「しかも、新品同様で」









お答えしましょう。

ひとつには、自分のところで出した製品に、責任をもつため。

万一何かがあって、修理もできなかった時。
まるごと交換してあげられるように、必ず予備を確保しています。

今回のぶんも主に、その確保ぶん。

まさに、ギフト。
とっておきの、贈りものです。


ですので、もう本当に、最後の最後。これが旅立ったら、ゼロです。
私のもとに残るのは、みんなとの、大切な思い出だけになります。
(じゅうぶん!)


もうひとつの理由。
これ、すごく重要な理由です。

それは、いわゆるふつうの製品と違って、革は「時間とともに、よくなる」製品。
だから私、革が好きなんだと思います。

時間をかけて、大切に手入れをすれば、どんどん輝く。
どんどん、状態がよくなる。

誠実に懸命に、時間を生きることと、似てますね。



今回大放出する、革製品。
それは、革好きの ONSA(弊社)が、大切に保存していたもの。

大切に保管すれば、応えてくれる。
そして、使っているうちに、人の手入れによって、もっとよくなる。

これが、革製品の素敵なところ。
だから、好きなんです。



そんな革製品。
このチャンスにぜひ、お手元に、おひとつどうぞ。

出ているすべてが、レア品ばかりですからね。
ぜひ。

お知らせ |
『夢をかなえる人の手帳』シリーズ公認のコンテンツやワークショップを提供しているのは、藤沢優月(著者)が主催する「ONSA」ならびに「ONSA WORKSHOP」のみとなります。
藤沢優月(著者)ならびにディスカヴァー(出版社)は、いかなる個人や団体にも、『夢かな手帳』の名を使用して活動したり、コンテンツを使用させることを公認しておりません。
「夢をかなえる」「手帳」「手帳術」セミナー等の名称を使用する第三者の活動は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズとは一切の関係がございませんので、どうぞご注意ください。
本記事をまとめてご覧になりたい方のために、特設ページもございます |
- 「手帳」特設サイト内
 「ゆめかなニュース」
| 情報、こちらから受け取れます