『夢かな手帳2020』シリーズ | 仕上がってきました、まずは中身から!

「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。

お盆明け、例の季節がやってまいりました。
ぜひぜひ、シェアさせてください!

出版社 OK も出ていますし、待っていました、この時を。

というわけで、
『夢をかなえる人の手帳2020』
の中身を、ひとつずつふんだんに、分かち合ってゆきたいと思います。


……前置きはいいので、早くしろって感じですよね(笑)。

では、サクサク参ります。
まずは、中身系の話題から。

文節区切りの線

中身系の話題になると、シェアしたいこと、いっぱいあります。

……というのも、時間って1回きり。

2020年も、人生一度きり。
あなたの18歳、25歳、32歳、41歳、52歳も、一度きり。

かけがえのない、大切な1年なんです。
その1年を、とびきり豊かに、ぎゅっと、楽しく過ごしてほしい。


もちろん、その「楽しさ」というのは、文字通りの楽しさであることもある。

同時に、
「あなたが、あなたご自身と、もっと仲良くなる」
「自分を、たくさん肯定する」
「自分自身のすばらしさと、山ほど出会う」

……こんな時間に、なってほしい。

これが、著者としての私の、心からの願いです。

だって、あなたは、素晴らしいですし。

誰の中にも、すごい輝きがある。
絶対に。

それなのに、その素晴らしさを、自分自身で「気づかないまま」になって、時間を送ってゆくなんて……。
もったいないでしょ?



文節区切りの線


それを、1年の時間の中で、無理なくかなえるために……。

こんな構成にしてみました。
とにかく、試してみて。

あなたご自身とのあいだの誤解が、おそらく、するすると、解けてゆくことになると思うから。



ちなみに、実物はただいま印刷中で、まだないので、制作段階のデータでチラ見せ。

赤チェックが入っているのは、
「間違いがないぞ!」
の合図です。



| 全体構成は、こんな感じです


| こちらが、後半半分のふかん図


あなたが、自分で自分に持っていて、もやもやしている誤解。

たくさん、解けるといい。
1ヶ月ごとに、自分の素晴らしさに、ますます気づいてゆくような、1年がいい。

使ってくれた人全員の人生、輝け!




| さいしょの3ヶ月、冬のテーマです


| 次の3ヶ月。春は、こんな感じでゆこう


| 夏は、こんな感じ


| 締めの3ヶ月は、こんな感じです


テーマ設定になっているのは、どれも、日常の中で、
「もやっ」
とすることばかり。

でも通常、
「もやっ」
で、止まってしまいますよね。

けれど、その
「もやっ」
の後に、素晴らしいことが待っている。


でもでも、忙しい日常の中では、その
「もやっ」
を、いちいち取り合っていられないかもしれない。

だから、毎月ちょっとずつ。
意識しないより、意識した方が、ずっとずっとチャンスが広がるから。




| ワーク部分で、自分に、問いかけてみる。私が代わりに、問いかけを作りました


ワーク部分も、しっかり構造ですよ。
早く実物を、お見せしたい。


というわけで、まずは中身のチラ見せ(というか、ガチ見せ)から。

まだまだ続きます!

お知らせ |
『夢をかなえる人の手帳』シリーズ公認のコンテンツやワークショップを提供しているのは、藤沢優月(著者)が主催する「ONSA」ならびに「ONSA WORKSHOP」のみとなります。
藤沢優月(著者)ならびにディスカヴァー(出版社)は、いかなる個人や団体にも、『夢かな手帳』の名を使用して活動したり、コンテンツを使用させることを公認しておりません。
「夢をかなえる」「手帳」「手帳術」セミナー等の名称を使用する第三者の活動は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズとは一切の関係がございませんので、どうぞご注意ください。
本記事をまとめてご覧になりたい方のために、特設ページもございます |
- 「手帳」特設サイト内
 「ゆめかなニュース」
| 情報、こちらから受け取れます