『夢かな手帳2020』シリーズ | 梅干し事件発生中。

「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。

きました。
『夢かな手帳2020』最大のハイライト、「梅干し事件」。

「なにっ?」
と思った方は、ちょっと、みてくださいよ。

『夢かな手帳2020』を使う1年が、感慨深くなりますよ。


文節区切りの線


「章トビラデザイン、見てください」
と、編集者からメールがきました。

すぐにお見せしますが、2020年の表紙も、素敵ですよー。
その、華麗かつ美しい表紙と、バランスよくマッチする章トビラに、したい。


というわけで、2こ提案が、きましたよ。
「どっちがいい?」と。



| わー、月だ!


| 月が、満ちてゆく!


わー!
これは、シンプルでかわいい!

月が、真ん中と、上の、2案ですね。



2020年の赤版・青版の表紙は、「ちょっとした事件」。
なので、このデザインは、すごく合うと思う。


「どっちがいいですか? 意見ありますか?」
という問いかけに、
「正直、どちらもかわいい」
と思いながら、見ていった結果……。



| かわいいよね



| うん、かわいい。男性にも女性にも、いい感じのデザイン



| かわいい……? えっ? 何かに似てきた



| あれっ!? これって……


これって、梅干し(日の丸)弁当に似てない!?

(||゚Д゚||)




| 見れば見るほど、梅干し(日の丸)弁当感!!


それはダメ!!
梅干し弁当は、ダメ!!



文節区切りの線


ということで、無事、梅干し弁当でないほうの案が、採用です。



| こちらは、ボツ案




| こんな感じになりました


梅干し感、減ってるでしょ。
よかったよかった。


(´∀`; )


次は、いよいよ、表紙の話!


お知らせ |
『夢をかなえる人の手帳』シリーズ公認のコンテンツやワークショップを提供しているのは、藤沢優月(著者)が主催する「ONSA」ならびに「ONSA WORKSHOP」のみとなります。
藤沢優月(著者)ならびにディスカヴァー(出版社)は、いかなる個人や団体にも、『夢かな手帳』の名を使用して活動したり、コンテンツを使用させることを公認しておりません。
「夢をかなえる」「手帳」「手帳術」セミナー等の名称を使用する第三者の活動は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズとは一切の関係がございませんので、どうぞご注意ください。
本記事をまとめてご覧になりたい方のために、特設ページもございます |
- 「手帳」特設サイト内
 「ゆめかなニュース」
| 情報、こちらから受け取れます