『夢かな手帳2020』シリーズ | ついに解禁!!(キター!)令和の表紙は、百花繚乱です

「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。

タイトルが興奮ぎみで、すみません。
興奮せずにはいられない、『夢かな手帳2020』の、表紙画像解禁です!

どれだけ、この日を心待ちにしたか!!!
お見せしたかった!!



というわけで、さっそく、見てゆきたいのですが……。

今回活躍したのは、こちらの男子2名様。



| こちら、男子2名様。奥から、デザイナーと編集者です


そう思って見ると、なおさら感慨深い。
男子の中に眠る、リアル女子より繊細な、理想の乙女心による作品です。



| 手を動かしたのは、特に、こちらの方。頼れるデザイナー!


すっごくきれいなので、楽しみにしていてください!

というわけで、スタートです。

文節区切りの線


まずは、送られてくる、いつもの郵送物。
まるで、自分の会社かと錯覚してしまう、日経印刷株式会社さん。

おつきあい、18年目です。
このロゴも、すっかり著者の人生の一部に。……見ると、落ち着きます(´∇`)



| 日経印刷の社名が入った、安定のクリアファイル


あれっ……?

チラ見しただけでも、なんかちょっと、『夢かな手帳2019』とは、様相が……。

復習しておきますと、『夢かな手帳2019』は、MICAO(みかお)さんにお力をお借りして、超クールな仕上がり。
刺繍ベースの、宇宙観の素敵な作品でした。




| 時間が凝縮された、オーガニックなデザイン


そして、令和初の『夢かな手帳』。
『夢かな手帳2020』の表紙はと、いいますと……。








こうなりました!



| わー! 百花繚乱!


シールも合わせると、こんな感じのセット。



| か、かわいい……!


どうでしょうか。

見た瞬間、「わあ、すてき!!」と、心が踊る。
華やかで、明るい気持ちになる感じ、いいですよね!



ちなみに、本物はもっと素敵です。
タイトル名が、繊細なゴールドの、細いペン字で印刷されています。

ですが、写真だと、繊細なゴールドの素敵さが、いまいち伝わらない。
もうこれは、ぜひ、実物で確認を。





あなたの1年のための、贈り物です。
気に入ってもらえたら、とても、嬉しい。

あなたの時間が、明るくて素敵な時も、ちょっと落ち込んでしまった時も、……どんな時も、寄り添いたい。





気分が下を向いた時は、励ましたい。
飛躍するリズムの時は、ぐぐっと、後押ししたい!

そんな気持ちを、内側にも外側にも、ぎゅっと込めてあります。



そして、しつこいようですが、作ったのは、この方々。



| 男子2名。


ユーザの9割は女性、1割が男性。
男性のことも「さわやかに」ふまえつつ、美しいイメージを送ってくださり、感謝です!





……私たち、こう見られているってことですよ。


シールについての、ちょっとフフッとする話題は、次回!

お知らせ |
『夢をかなえる人の手帳』シリーズ公認のコンテンツやワークショップを提供しているのは、藤沢優月(著者)が主催する「ONSA」ならびに「ONSA WORKSHOP」のみとなります。
藤沢優月(著者)ならびにディスカヴァー(出版社)は、いかなる個人や団体にも、『夢かな手帳』の名を使用して活動したり、コンテンツを使用させることを公認しておりません。
「夢をかなえる」「手帳」「手帳術」セミナー等の名称を使用する第三者の活動は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズとは一切の関係がございませんので、どうぞご注意ください。
本記事をまとめてご覧になりたい方のために、特設ページもございます |
- 「手帳」特設サイト内
 「ゆめかなニュース」
| 情報、こちらから受け取れます