『夢かな手帳2020』シリーズ | 紙と罫という、重要な問題の解

「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。

いよいよ、手帳シーズンが到来。
今日は、マニアック側の話題。

でも、重要ですよね。
紙と、罫の問題は。



……とはいえ、こちらはもう、ご報告していることの、確認です。
こんなふうに、なりました。


まずは、紙問題。

「『束見本(つかみほん)』で、著者がテストしているよー」
という話は、すでにお届けしたと思います。



| 束見本テスト


その束見本ですが、現在は、こんなふうになっています。



| 貫禄が……


妙に、貫禄がついた気がしませんか?

心なしか、束見本が分厚くなって、ぷっくりしています。



……それも、そのはず。

使い終わってしまいました。
本気で1冊、書き倒しました。

結果、ページひらきも、ページめくりも、使用感も良好。
貫禄がつくほど持ち歩いて、開いたり、めくったり、書いたりしても、大丈夫。

『夢かな手帳2020』の本文用紙は、紙が変更に。
ですが、これで、自信を持ってお勧めできます。



文節区切りの線


次の話題は、罫です。
しかも、表類のお話。



本当におかげさまで、『夢かな手帳』には、いろいろなリクエストをいただきます。

これは、ありがたいこと。
だって、無関心なものは、放っておくし。

わざわざ、手を動かして意見を知らせてくださるということは、関心を持っていただいている証拠。

もっと言えば、
「私の『夢かな手帳』だし!」
と思っていただいていることが、すごく嬉しいです。

そうです。
間違いない。あなたの『夢かな手帳』。

この、肯定的な意味での、思い込み。
実は、作っている側は、すごーく嬉しいんですよ! (′ェ`)ゝ



| 「俺の」カップヌードル・チリトマト味!! みたいな、光栄な思い込み


そして、いろいろな方から、いろいろな意見をいただくので、とりまとめて判断する役目を、著者と出版社にお任せいただいて、すごく感謝です。
ご信頼いただいて、ありがとうございます。





そんな中、欠かせないエリアの、再度確認のご報告を。

「年間カレンダー」が、2年ぶんに、広がっています。
未来の予定を、書けます。


……これ実は、私も密かに、取り返したかった機能なの。



| まだ現物がないので、チェック段階の紙データ


巻末メモページも、ぐぐっと増えています。
5見開き、10ページに増えてます。

こちらも、リクエスト多数のため、ページ構成を見直して捻出。



ぜひ、あなた色にどっぷりと染めて、使い倒してください。
ということで、まだまだ、秘密に迫りますよ。


お知らせ |
『夢をかなえる人の手帳』シリーズ公認のコンテンツやワークショップを提供しているのは、藤沢優月(著者)が主催する「ONSA」ならびに「ONSA WORKSHOP」のみとなります。
藤沢優月(著者)ならびにディスカヴァー(出版社)は、いかなる個人や団体にも、『夢かな手帳』の名を使用して活動したり、コンテンツを使用させることを公認しておりません。
「夢をかなえる」「手帳」「手帳術」セミナー等の名称を使用する第三者の活動は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズとは一切の関係がございませんので、どうぞご注意ください。
本記事をまとめてご覧になりたい方のために、特設ページもございます |
- 「手帳」特設サイト内
 「ゆめかなニュース」
| 情報、こちらから受け取れます