『夢かな手帳2020』シリーズ | 全員、違う者同士。みんなで、仲よく分け合いたい

「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。

今日は、ややマニアック側のお話……いわば「裏話」を。

フフ。
『夢かな手帳』マニア層の皆様、お待たせしました。



| 嬉しいことに、マニア層がいる。スタメン層が分厚い、感謝の18年目


『夢かな手帳2020』では、デザイナー様が2名。
とてつもない贅沢仕様で、18(イェーイ)周年を攻めていったことは、すでにお話ししたかと思います。




結果、すごい、いいことになったでしょう?
強力布陣。



| 結果、こうなりました


「梅干し弁当」のお話しも、既出ですよね。



でも、実はこれ、当初は「梅干し弁当」ではなく、こうだったのです。



| 当初、こうではなく……


| こうだった。


「わあ! すてき!!!」

そう、思いません?
すごい、素敵。



| 華やかです


表紙と、すごい合ってる。
華やかで、素敵な気分になる。

じゃあ、なんで本番で不採用なの? という話ですが……。


ここが、ありがたいところ。

『夢かな手帳』のユーザの1割は、男性。

勇気を出して、買ってくださっている男性が、なんと、10%もいてくださいます。

(これは実は、すごいことだと思う!)

と、なりますと……。
カバーだと、外したり、手帳カバーで覆ったりすることができる。

でも、本体は、隠せない。
使う時に、どうしても、目に入る。…..しかも、自分だけではなく、他人の目にも。




| 日常の使用感が、微妙に、こうなってしまう


気づいてました?

今までの『夢かな手帳』の、各月トビラたち。
かわいい仕上がりだけれど、「ニュートラル」のバランスを、心がけていました。

それは、仲よく分かち合いたいから。

『夢かな手帳』を愛用してくださるみんなで、楽しさや居心地のよさを、分け合いたい。


極端な趣味に走ってしまうと、分かち合いの幅が、狭まってしまう。
だから、こんなに綺麗な花でも、いったん保留。

代わりに、お月様の方で、ゆきました。
結果、とってもオーライなので、そちらが採用案に。



| ボツ案も、こんなに素晴らしいクオリティ


でもでも、こんなに素敵な案ですから、教えないわけにはゆかない。
デザイナーさん、心からありがとう。


女性も男性も、マニアックユーザ様も、新しく興味を持ってくださる方も……。

あなたの『夢かな手帳』です。
思い切り好きに、使ってくださいね。



ではでは、また。
次は、熱く語る回!

お知らせ |
『夢をかなえる人の手帳』シリーズ公認のコンテンツやワークショップを提供しているのは、藤沢優月(著者)が主催する「ONSA」ならびに「ONSA WORKSHOP」のみとなります。
藤沢優月(著者)ならびにディスカヴァー(出版社)は、いかなる個人や団体にも、『夢かな手帳』の名を使用して活動したり、コンテンツを使用させることを公認しておりません。
「夢をかなえる」「手帳」「手帳術」セミナー等の名称を使用する第三者の活動は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズとは一切の関係がございませんので、どうぞご注意ください。
本記事をまとめてご覧になりたい方のために、特設ページもございます |
- 「手帳」特設サイト内
 「ゆめかなニュース」
| 情報、こちらから受け取れます