ONSA WORKSHOP |「4つの約束」

4つの約束 [1]心をひらく
4つの約束 [2]「今」に集中
4つの約束 [3]裁かない、決めつけない
4つの約束 [4]秘密を持ち出さない
ONSA WORKSHOP では、上記「4つの約束」をお守りいただいた上で、ご参加いただいております。
これら「4つの約束」は、「推奨」ではなく「ルール(義務)」として、皆さまにお守りいただいております。
このルールが、前提として存在することで、安心してご参加いただいております。

| 4つの約束[1]
心をひらく

心を開いて、自分自身の心の声に、耳を澄ませてみます


ONSA WORKSHOP は「4つの約束」をベースに、意図的に安全に作られた場。

このような場所を、現実社会の中で探すのは、難しいでしょう。
ですから、「意図的に、安全に作られた場所」……ワークショップ内で心を開き、自分自身と、本音で向き合います。



| 4つの約束[2]
「今」に集中

「今に集中」することで、乗り越えられるパターンがある


たとえば、ノートを取っている時、何が起こっているでしょう。

「とりあえずメモして、後で考えよう」
でも、その「後で」とは、……いつ?


このパターンに、無意識に飲み込まれているため、いつまでも、変わることができません。


ONSA WORKSHOP では「今」、考える必要のあることを、考えます。

大切なことを、後回しにしません。
「後で」にしないので、「今」、変化することができるのです。



| 4つの約束[3]
裁かない、決めつけない

「裁かない、決めつけない」と決めると、安心して変化できる


「裁かない、決めつけない」の約束には、2つのよいことがあります。


よいこと(1) 制限の牢獄から、「自分が」出られる

ひとつ目の「よいこと」は、自分自身の「制限の牢獄」から出られること。

他人の話を聞いている時、内面では、どのようなことが起こっているでしょう。
もしかして、無意識のセルフトークが、渦巻いているかもしれません。

「それは違うよ」
「そんなに甘くない」
「そんなことを言っても……」

この、内面の会話……無意識のセルフトーク。
これが続いている間は、新しい考えや意見が、入ってくる隙がありません


まさにこの、セルフトークのために、自分で作った「制限の牢獄」から抜け出せない。
自分を縛っているのは、自身の決めつけや、ものの見方、おなじみの考えかもしれません。


よいこと(2) 安心できる

「裁かない、決めつけない」の約束の裏には、もうひとつ、良いことがあります。

相手が、裁かないで聞いてくれると分かった時。
なんと自由に、安心した気持ちで、考えを口にすることができることでしょう。


この空気感は、ONSA WORKSHOP の宝ものです。


ワークショップ参加者は、全員で協力して「約束[3]裁かない、決めつけない」を実行します。
そのことで、何より自分が、本能的に、安心できるからです。


| 4つの約束[4]
秘密を持ち出さない

「秘密を持ち出さない」
これは、問答無用のルールです。


ONSA WORKSHOP 内で話された個別の話は、お客様のプライバシーを含みます。
そのため、ブログなどへの書き込みはもちろん、一切の持ち出しを禁止させていただいております。

ご参加のお客様には、このルールの遵守を「義務として」、お願いしております


「4つのルール」をベースとして、参加者みんなで作ってゆく、安全な場。
ONSA WORKSHOP で、変化変容の時間の旅を、ご一緒しましょう。


| ONSA WORKSHOP は「回復者」が「主催者」のワークショップ

ONSA WORKSHOP は、「体験者」であり「回復者」が主催者のワークショップ。
その体験から、実際に回復(リカバー)した者が主催となりますため、実践的な内容となっております。

あなたの、その状況も気持ちも多分、"体験して" "知っている"。
安心してお越しいただけましたら、嬉しく思っております。

詳しい来歴等は、「私たちの想い | 運営者情報」からもお読みいただけます。