ONSA WORKSHOP | 「5つの前提」

ONSA WORKSHOP で、安全に自分と仲直りするために
ONSA WORKSHOP | 「5つの前提」


| ONSA WORKSHOP は、以下「5つの前提」を大切にして、ワークショップを運営しています

| ONSA WORKSHOP「5つの前提」

  • 前提1:ONSA WORKSHOP では「自分を肯定します」
  • 前提2:ONSA WORKSHOP では「比較から自由になります」
  • 前提3:ONSA WORKSHOP では「失敗してもオッケーとします」
  • 前提4:ONSA WORKSHOP では「自分の過去を認めます」
  • 前提5:ONSA WORKSHOP は「人はみんな only one であると信じています」


| 前提1:
ONSA WORKSHOP では「自分を肯定します」


日常世界の中には、私たちを否定するものが山ほどあります。
「今のあなたではダメ」
「もっと〜しなくてはいけない」
「まだ不十分だ」
など……。

でもその考え方……マイナスを挙げて、プラスへ持ってゆこうとする考えは、現実的には役に立たない

なぜなら。
もしあなたが長年、その考え方をとり続けてきて、いまだ自分に自信が持てなかったり、自分が好きになれなかったとしたら……。
あなたが悪いのではなく、多分、その考え方のほうが間違っているのでは。

マイナスを挙げて、プラスへ持ってゆこうとする考えは、現実には役に立たない

そんな、長年続いた状況に変化をもたらすため、ONSA WORKSHOP では、いちばんはじめに「自分を肯定します」
その上で、どんなすばらしい変化が起こるのか、見てみます。


| 前提2:
ONSA WORKSHOP では「比較から自由になります」


ONSA WORKSHOP では、他人と比べることを放棄します。

他人と比べる代わりに、比べるなら、自分と比べます。
ひとつでも、何かが変化していたり、新しい考えを発見することができたら、自分を肯定し、認め、褒めます

他人と比べることで、自分の相対位置を理解して、向上に役立てようとしても……。
比べるべき他人は、次から次へと出現して、きりがありません。

もしその考え方で、私たちが苦しくなっているとしたら。
私たちが悪いというより、多分、その考え方の方が間違っているのでは。

人と比べるより、自分と比べる。自分のよさを認め、褒めたほうがうまくゆく。

ONSA WORKSHOP では「比較から自由になります」
その上で、他人と比較しなければ、どれだけ速く、すばらしく変化ができるのか、試してみます


| 前提3:
ONSA WORKSHOP では「失敗してもオッケーとします」


「失敗」というのは、「そのやり方ではうまくいかないから、別のやり方を探そう」というサイン。

曲がり角を間違ってしまって、違う道を通っているらしいことを、誰も「失敗」とは呼ばない。
行きたい場所に行くため、元の場所まで戻って、もう一度歩き直すだけ。

それと同じように、何かがうまくゆかなくて、行き詰まってしまったから、このワークショップに参加します。

最初からパーフェクトに出来ていたら、誰も、「学び・再訓練する」必要はない
ですから「失敗しない人」は、このワークショップには誰も参加しません。

そのため、ONSA WORKSHOP では「失敗してもオッケーとします」
その上で、「失敗」に対する考え方を変えて自由にチャレンジできれば、どれほど勇敢に、すばらしく変わることができるのか、試してみます

失敗してもオッケー! 失敗は、うまくなるステップのひとつ。


| 前提4:
ONSA WORKSHOP では「自分の過去を認めます」


私たちは今まで、その時できる精一杯をがんばってきたから、今、生命を持って、生きていることができます
生きているからこそ、さらに自分らしい生き方をさがすために、ここにいます。

ですから、ONSA WORKSHOP では、「自分の過去を認めます」。
過去の決断が正しかったからこそ、私たちは今、生きているからです。

過去の決断が正しかったから、私たちは今、生きている

その上で、自分を責めたり、自分の過去を否定したり憎んだりする代わりに、今まで生きてきた自分の勇気や決断……過去を肯定したら、どのように視点が変わるか試してみます。


| 前提5:
ONSA WORKSHOP は「人はみんな only one であると信じています」


私たちはみな only one の、代わりの効かない、かけがえのない存在です。

たしかに、人を「one of them(大勢の中の一人にすぎない)」と言う人もいます。
仕事場やバイト先といった、人生のある一部分だけを切り取って考えてみた時、そう言える場合もあるかもしれません。

しかし、人生のすべてを考え合わせたとき、「私」の代わりができる存在は、一人もいません。

あなたのことが好きな人(必ずいる!)は、「他の誰かのような人」ではなく、あなたのことが好き。
そして、未来の時間の中であなたを待っている人も、「他の誰かのような人」ではなく、あなたのことが好きです。

あなたの代わりは、あなた以外の誰にもできません。
これが、現実です。


私の人生で、私の代わりになれる人は、誰もいない

このような意味で ONSA WORKSHOP では、「人はみんな only one であると信じています」。
なぜならこの視点を外れた時、人の心は不具合を来し、様々なものごとがうまくゆかなくなるからです


それらの具体的な症状が、何より物語っていますから、ONSA WORKSHOP では、「人はみんな only one であると信じています」。


心を無視されたり、いやなことを言われ続けたり、長い間がまんしたりしていると、何かがおかしくなる。

きっと、心のバランスが崩れてしまう。
「私」をどこかに落っことしてしまうと、どうしていいか分からなくなる。

そして。
そのことこそ、誰もが「only one」であることを、あらわしている。
「私」は「私」を落っことしては、生きられないし、「誰かのように」は生きられないということなんだ。




TO TOP